新団体旗上げ

その昔、大家族モノ(番組)言えば、「はじめてのおつかい」にも通じるほのぼのファミリーコンテンツだったと記憶する。

 

 

 

 

 

 

一家を支えるお父さん。

 

 

 

 

 


大量の料理、大量の洗濯、膨大な家事をこなすお母さん。

 

 

 

 

 


下の子たちの面倒をよく見る兄や姉たち。

 

 

 

 

 

 

そんな家族に降りかかるちょっとした事件やハプニングにも、茶の間は一喜一憂し、兄弟たちの成長を我が息子、我が孫を見るような目で見守っていた。

 

 

 

 

 


中には「ボクも弟や妹たちがほしい」なんていう子供の不用意な発言に両親が頰を赤らめるなんていう茶の間の風景もあったかもしれない。

 

 

 

 

 

 

しかし、今から数年前、そんな「大家族=ほのぼの」という既定路線に一石を投じる一家(団体)が登場。

 

 

 

 

 

 

ビックタディ。

 

 

 

 

 

 


番組開始当初は、複雑な家庭事情はあるものの、多少のほのぼの感は残していた。

 

 

 

 

 


しかし、美奈子との再婚以降、格闘路線に大きく舵を切る。

 

 

 

 

 


とにかくこの夫婦、剥き出しなのである。

 

 

 

 

 

 

家でも、外でも、子供の前でも、カメラの前でも所構わず殺(や)り合う。

 

 

 

 

 


「喧嘩するほど仲がいい」なんて言葉は、この夫婦に関しては適用外。

 

 

 

 

 


ただただ危うさしかなかった。

 

 

 

 

 


そんなセメントマッチ、とてもじゃないが、一家団欒の茶の間、特に子供に見せられる代物ではない。

 

 

 

 

 

 

しかし、一方で林家(ビックダディーの苗字)の動向を注視する熱狂的なビックダディーウォッチャーも生んでいた。

 

 

 

 

 

 

その後、視聴者全員が感じていた危惧は見事的中し、離婚・・・。

 

 

 

 

 


そして、あえなく「痛快!ビッグダディ」終了・・・。

 

 

 

 

 


番組終了後はそれなりに知名度もあり、ビックダディー、美奈子とも様々な番組でタレントとして重宝がられていた。

 

 

 

 

 


とは言ってもそこは単なる子沢山の素人。

 

 

 

 

 

 

気の利いたコメントなど言える訳もなく、あっという間に賞味期限は過ぎ、テレビで二人を見かける日は少なくなった。

 

 

 

 

 

 

あれから数年・・・。

 

 

 

 

 

 

日曜の昼間、何気なくテレビを見ていたら、突如として現れた新・美奈子ファミリー。

 

 

 

 

 

 

 

ザ・ノンフィクション「新・漂流家族」。

 

 

 

 

 

 

 

美奈子の新団体旗揚げ興行。

 

 

 

 

 

 

最初の登場シーンからすでにみんなが知っている美奈子、完全美奈子、100%美奈子、ハダカの美奈子・・・。

 

 

 

 

 


今回のお相手はなんと元プロレスラー。

 

 

 

 

 


ビックダディーは「俺はこういう人間だ」に代表されるように、どこか大上段に構えたところがあったが、今回の旦那さん、相手が女だろうと、子供だろうと同じ土俵でやり合うスタイル。

 

 

 

 

 

 

よく言えばピュアということになるのだろうが、この組み合わせ、なにかとんでもないデスマッチの予感しかしない・・・。

 

 

 

 

 


そして、その予感を決して裏切らないのが、新団体美奈子。

 

 

 

 

 


ビックダディー時代にあったエンターテイメント性は一切排除。

 

 

 

 

 

 

以前に増して吐き出される剥き出しの言動、リアルな人間模様。

 

 

 

 

 

 

 

さらなる格闘路線を推し進めた今回の展開にビックダディーウォッチャーは溜飲を下げたのではないか。

 

 

 

 

 

 


しかも最後、赤ちゃんも無事に生まれ、めでだしめでたし的なエンディングになっているが、長男長女の問題が一切解決されていないという危うさ、不安・・・。

 

 

 

 

 


旗揚げ興行としては最高な幕開け。

 

 

 

 

 

 

次回以降の展開が非常に楽しみ。

 

 

 

 

 

 

ただ虐待や児相の問題が大きな社会問題となっている今この時期に、この番組をぶつけてくるのは、フジテレビの問題意識、それともいじわる・・・??

 

 

 


マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!

ロック好きなら必ず憧れる60年代のイギリス・ロンドン。

 

 

 

 

 

 

そんな華やかりしスウィンギング・ロンドンを、同時代を生きたマイケル・ケインがご紹介するこちら↓の映画。

 

 


あの頃のロンドンが、20世紀で一番輝いていたんじゃないかとすら思う。

 

 

 

 

 

 

 

映画では当時の音楽、ファッション、あらゆるユース・カルチャーが紹介されていたが、小生が一番印象に残ったのは、Twiggyの異常な可愛さ・・・。

 

 

 

 

 

 

自分もあの当時のロンドンに行けるものなら行ってみたい。

 

 

 

 

 

 

ただ、行ったところであんなオシャレでご機嫌な雰囲気に馴染めるか・・・。

 

 

 

 

 

 

結局、うだつのあがらない高校時代の二の舞になるのではないか・・・。

 

 

 

 

 


やはり遠くから憧れている方が良さそうです。

 

 

 

 


ザ・クロマニヨンズ ツアー レインボーサンダー 2018-2019 @ Zepp Tokyo

ザ・クロマニヨンズ ツアー レインボーサンダー 2018-2019 @ Zepp Tokyo 鑑賞。

 

 

 

 

 

数年振りのZepp Tokyoでしたが、こんなに広かったっけ??

 

 

 

 

 

 

もしや小生が小さくなったのか・・・。

 

 

 

 

 

 

そんな広い会場に人、人、人。

 

 

 

 

 

 

しかもみんな飛んだり跳ねたり大騒ぎ。

 

 

 

 

 

 

まぁ〜、こんな最高のロックンロール・ショーを観せられれば、そうなりますわなぁ。

 

 

 

 

 

 

新譜(レインボーサンダー)の曲(全曲)はもちろん、「エイトビート」「ナンバーワン野郎!」「どん底」「紙飛行機」などの鉄板ナンバー、そして久しぶりに「むしむし軍歌」も聴けて大満足。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


全編ほぼ涙目で鑑賞・・・。

 

 

 

 

 

 

帰りは川口氏、菅谷氏と新橋で一杯。

 

 

 

 

 

 

楽しい夜だったなぁ〜。

 

 

 

 

 

 

明日からまた頑張れそうです。

 

 

 


クーモリ@BAR SHIGET'S

店主、シゲさんの熱いラブコールで実現したクーモリ@BAR SHIGET'S。

 

 

 

 

 

 


もちろん満員御礼、SOLD OUT。

 

 

 

 

 

 

ちなみに会場のBAR SHIGET'Sとは、こんなお店↓

 

 

スマートソウルコネクション制作のBAR SHIGET'S CM(他のCMはこちら

 

 

 

 

 

 

この日、お客さんより誰より一番のクーモリファンであるシゲさん。

 

 

 

 

 

シゲさんの黄色い声援が店内にこだまする。

 

 

 

 

 

 

お客さん爆笑、メンバー苦笑い・・・。

 

 

 

 

 

 

イベント終了、観に来ていたPm7ZAKIちゃん交えて記念写真。

 

 

 

最高に楽しい夜でした。

 

 

 

 

kuumori(クーモリ)
2ndアルバム
『サッドインクシティ』
01. ムジカヘルシンキ
02. ブルーグラス
03. ジングルインマイナー
04. カンバーランドギャップ
05. コバルトポルカ
06. 黒のパレード
07. 二人の猫
08. ビューティフル
09. タウン
10. 夜汽車になんて

 

【ダウンロード】
iTunes Store
https://apple.co/2TzTS1B 
レコチョク
http://recochoku.jp/album/A2001383202/


【サブスクリプション】(2曲)
Apple Music
https://apple.co/2shk8Cf 
Spotify
https://spoti.fi/2AAvBkW 
 

CD派の方はこちら↓

https://www.kuumori.com/goods-1/

 

 

 

 


THE BAWDIES「Thank you for our Rock and Roll Tour 2004-2019」TOUR FINAL 日本武道館公演

THE BAWDIES「Thank you for our Rock and Roll Tour 2004-2019」TOUR FINAL 日本武道館公演へ。

 

 

 

結論から言うと、あっという間の2時間。非常にご機嫌なライブでした。

 

 

 

 

 

ライブレポはこちら↓

 

 

 

 

 

 

 

もう3回目の武道館。
 
 
 
 
 
 
だいぶ初期から観ている身としては非常に感慨深い。
 
 
 
 
 
 
弊社から最初にインディー盤を出してからメジャーデビューまで約3年。
 
 
 
 
 
 
一般的にはかなり順調な方であろう。

 

 

 

 

 


しかし、そうはいっても最初から順風満杯という訳ではなかった。

 

 

 

 

 

 

お客さんが数人しかいないことだってあった。

 

 

 

 

 

 

そんな中でも相当な数のライブを全国でこなし、試行錯誤を繰り返し、着実に現在への足掛かりを築いてきた。

 

 

 

 

 

 

それは傍から見たら、ある意味苦行のようでもあるが、当の本人たちはいつも楽しそうで、ステージ外でも4人は仲良くキャッキャ、キャッキャしていた笑。

 

 

 

 

 

 

そして、気づくと当初の初々しさ以上にロックンロール・バンドとしての貫禄が身についていた。 

 

 

 

 

 

 

 

余談だが、BAWDIESに限らず、このガムシャラでいながら、凄く楽しそうという状態(見え方)が、実はブレイクスルーするバンドの重要なファクターなのではないかと思う。

 

 

 

 

 

 

逆にいうと、バンドがこの精神状態の時にブレイクスルーしておかないと、いろんな意味で辛くなってくる可能性が高い・・・。

 

 

 

 

 


それはさておき、ロックンロール・バンドとしての貫禄というところで、一番顕著にそれが表れたのが、ROY君だったと思う。
 
 
 
 

 

 

 

なにかが吹っ切れ、フロントマンとしての風格が漂って来た。
 
 
 
 
 
 
そこからいろんなことが大きく廻り始めたような気がする。

 

 

 

 

 

 

バンドって本当に進化するもんですな。

 

 

 

 

 


また、その進化にはバンドを裏で支え続けた“特攻隊長”チカラの存在も相当デカい。
 

 

 

 

 


この五人のチームワークがあったからこそ、今があると言える。

 

 

 

 

 

 

僕にとっては、彼らのそんな重要な時期を多少なりとバックアップ出来、そして一歩一歩着実に上り詰めて行く姿をまじかで見れたのは非常に貴重な体験だった。

 

 

 

 

 


メジャーデビューして10年。

 

 

 

 

 

 

第一線で10年続けるって、それはもう本当に至難の技である。

 

 

 

 

 

 

曲の良さ、ライブの楽しさはもちろん、ファンを驚かせるアイデア(感動)を常に提供し続けなければいけない。

 

 

 

 

 


それには、結成からメジャーデビューまでの道のり以上に、知力、体力、技術、感情など、あらゆる要素を全てを注ぎ込まないと続かない。

 

 

 

 

 


そんなハードワークを日本のロックンロール伝道師としてひたむきに続け、第一線で活躍し続ける彼らには。もうリスペクト以外なにもない。

 

 




THE BAWDEIS『YESTERDAY AND TODAY』

SEZ-3002 / ¥1,905+税
SEEZ RECORDS / GLOBAL TWIST INC.
Release : 2006.3.15

収録曲

01 Have mercy miss percy
02 Whip it on me
03 Little girl
04 Rosie
05 I got you (I feel good)
06 Because
07 I'm down
08 Shake it baby
09 Keep on trying
10 Mess around
11 Tutti frutti
12 Dig the buzz

【CD】
GLOBAL-TWIST online store(送料無料)
amazon
【配信】
iTunes Store
Apple Music
Spotify

 

 

 




THE BAWDEIS『I BEG YOU』

SEZ-3004 / ¥1,143+税
SEEZ RECORDS / GLOBAL TWIST INC.
Release : 2007.3.7

ライナーノーツ:音楽評論家/星加ルミ子
収録曲
01. I BEG YOU(MV
02. BABY SUE
03. STAY AWAKE TILL THE DAWN
04. SEND ME BACK

【CD】
GLOBAL-TWIST online store
amazon
【配信】
iTunes Store
Apple Music
Spotify

 

 

 

 

 

 



THE BAWDEIS『Awaking of Rhythm And Blues』

SEZ-3007 / ¥2,190+税
SEEZ RECORDS / GLOBAL TWIST INC.
Release : 2008.2.6

ライナーノーツ:大貫憲章
収録曲
01. JUST PICK UP YOUR PHONE
02. IT'S A CRAZY FEELIN'
03. I BEG YOU
04. I'M IN LOVE WITH YOU(MV
05. MY LITTLE JOE
06. I’M SO LOST WITHOUT YOU
07. STOP YOUR LYING
08. MR.BIG MAN
09. LOVE YOU IN EVERY WAY
10. BABY ME
11. DON'T FIGHT IT, FEEL IT
12. SHAKE YOUR HIPS

【CD】
GLOBAL-TWIST online store(送料無料)
amazon
【配信】
iTunes Store
Apple Music
Spotify

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM