BlacKkKlansman

こちら↓鑑賞。

 

 

 

黒人刑事がKKKに潜入捜査するという実話。

 

 

 

 

 


とは言っても実際潜入するのは白人刑事。

 

 

 

 

 


黒人刑事は電話のみ。

 

 

 

 

 


ただこの白人刑事も実はユダヤ系。

 

 

 

 

 

 

KKKにとっては黒人同様憎悪の対象・・・。

 

 

 

 

 

 

一つ一つの描写は面白おかしいが、展開(内容)自体は、かなりスリリング。

 

 

 

 

 


こんなこと、大昔の話のようだが、実は1970年代後半の話・・・そんな昔でもない(震)。

 

 

 

 

 


そして、最近また差別の機運が高まっているような・・・。

 

 

 

 

 

 

ただ一方でアメリカって、こんな↓国でもある。

 

 

 


そして、日本も他人事ではない。

 

 

 

 

 


ヘイトをふりまいて街を行進している人たちもいる。

 

 

 

 

 


日本を含めどこの国だろうと人種だろうと、いい奴もいれば、悪い奴もいる。

 

 

 

 

 

 

人種や国や民族でそれを判断するのは、あまりに無理がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

余談だが、KKKものだと、こちら↓もかなり衝撃的。

 

 

 

小学生の頃、夏休みの昼間にTVでやっていて、ぼんやり観ていたら、その衝撃のラストに「こんな映画、昼間に放送しちゃいかんだろう〜」と子供ながらに思った一作。

 

 

 

 

 

 

なんだかんだ言って、結局人間が一番恐ろしい、というのが嫌という程わかる。

 

 

 

 

 

 

オススメです。

 

 

 


運び屋

こちらを鑑賞↓

 

 

 


イーストウッドの映画は、なんとも言えない余韻が残る。

 

 

 

 

 

 

これは良かったのか、悪かったのか、今後どうなっていくのかなど、いろんな判断を観客に委ねてくる。

 

 

 

 

 

 

今回、テーマ自体は非常にストレート。

 

 

 

 

 


それにしてもイーストウッドは、偏屈でありながら煩悩丸出しなじいさんがよく似合う。

 

 

 

 

 

 

ちなみに私生活でも妻2人、愛人6人、子供7人、孫2人なんていうかなりの猛者。

 

 

 

 

 

 

88歳になった今も恋愛進行形だそうです。

 

 

 

 

 

 

なんかとんでもない絶倫薬でも飲んでいるのか?

 

 

 

 

 

 

もしそんな秘薬があるなら、是非教えてほしい・・・・。

 

 

 

 

 

 

それはさておき、あと何本、イーストウッド監督作品を観れるか分かりませんが、出来るだけ長生きして頂いて、なんなら絶倫薬も飲んで頂いて構いませんので、是非傑作を撮り続けてほしいものです。

 

 

 

 

 

 

ちなみに「運び屋」予告ですが、2014年公開の「アメリカン・スナイパー」の時とやり口が一緒・・・。

 

 

 

 

 


ichiro

子供の頃、野球選手になるのが夢だった。

 

 

 

 

 

 

当時のヒーローは王さん。

 

 

 

 

 

 

王さんを認識したのは、800号ホームランを打ったあたりだったと思う。

 

 

 

 

 

 

ただ如何せん小生も小さかったので、凄いということはなんとなく分かったが、800号のもつ本当の意味(凄さ)をよくわかっていなかった。

 

 

 

 

 

 

子供にとっては、そんなことより一本足打法でホームランを打つというところに大きな意味があった。

 

 

 

 

 

 

つまり、ただただホームランを打てばいいという話ではなく、あくまで一本足というフォルムありきのホームラン。

 

 

 

 

 

 

それはまるでマンガ(アニメ)の世界が、現実になったような感覚。

 

 

 

 

 

 

そこに小生はグッときた訳です。

 

 

 

 

 

 

しかし、その頃すでに王さんも現役終盤(その二、三年後には現役引退)。

 

 

 

 

 

 

つまり、全盛期を全く観ていない。

 

 

 

 

 

 

その後、王さん級のヒーローは現れず・・・。

 

 

 

 

 

 

その内、小生も興味の対象が野球から音楽へシフト。

 

 

 

 

 

 

野球からしばらく遠ざかっていた。

 

 

 

 

 

 

そこからだいぶ時は経ち、野球界に久しぶりに小生の心を躍らすヒーローが、二名登場。

 

 

 

 

 

 

一人は野茂茂雄。

 

 

 

 

 

 

大胆に体を捻り上げ、一気にボールを放つという見たことのない投げ方(トルネード投法)で、打者をバッタバッタと三振に斬っていく。

 

 

 

 

 

 

それは王さんの一本足打法と同じで、まるでマンガ(アニメ)の世界が、現実に飛び出してきたような感じ。

 

 

 

 

 

 

そして、まだメジャーリーグなんて夢のまた夢であった当時、「無謀だ」と散々叩かれ、中には「あいつのメジャー挑戦は人生最大のマスターベーション」なんてことも言われながら、単身海を渡り、メジャーリーグで大成功を収めていく様は、実に爽快だった。

 

 

 

 

 

 

現在に続く日本人のメジャーリーグ進出は、この人の成功があったからこそ。

 

 

 

 

 

 

 

そして、もう一人がイチロー。

 

 

 

 

 

 

小生は現在も暇さえあれば、イチローの動画をを鑑賞。

 

 

何度観てもうっとりしてしまう。

 

 

 

 

 

 

まるでマンガのような送球・・・。

 

 

 

 

 

 

小生は、この「レーザービーム」に本当に度肝を抜かれた。

 

 

 

 

 

 

実際、アメリカでもこの送球シーンによって、イチローの名が一気に広まったらしい。

 

 

 

 

 

 

もちろん、打者としてはいうまでもない。

 

 

 

 

 

 

イチローが残した前人未到の記録は、しばらくというか、ほぼ永遠に破られることはないのではないか。

 

 

 

 

 

 

また、打席に立った際の一連の動き、そしてバッティングフォームの美しさは、もはや芸術の域に達している。

 

 

 

 

 

 

とにかく走攻守すべてが、ずば抜けている、

 

 

 

 

 

 

体格的なところで言えば、メジャーリーガーに比べて、圧倒的に小さく、線も細い。

 

 

 

 

 

 

そんな選手が、メジャーリーグいや、野球史を完全に塗り替えた。

 

 

 

 

 

 

世界中の誰よりもヒットを打ち、誰よりも鉄壁の守備で、そして、誰よりも華がある。

 

 

 

 

 

 

彼から放たれたレーザービームが、僕の胸を、いや世界中の人の胸を貫いた。

 

 

 

 

 

 

正真正銘のスーパースター。

 

 

 

 

 

 

ちなみに小生にとってのイチロー名場面は、やはり2009年のWBC決勝。

 

 

 

 

 

 

当時、チーム自体の調子は悪くなかったが、イチローはなぜか稀に見る絶不調。

 

 

 

 

 

 

そして、いろんなことがありまして、同じくどん底状態だった当時の小生・・・。

 

 

 

 

 

 

10回表2アウト、ランナー1,3塁の一打逆転の最重要場面に満身創痍のイチロー登場。

 

 

 

 

 

 

「もしここでイチローが打ったら、オレも這い上がれるような気がする・・・」

 

 

 

 

 

 

イチローに自分の運命を託すような気持ちで、祈りながら観ていた。

 

 

 

 

 

 

結果、走者一掃のツーベース。

 

 

 

 

 

 

小生はその時、用事があり秋葉原に来ていて、黒山の人だかりとなっていた家電量販店のTVで、この場面を観ていたのだが、ヒットを打った瞬間、小生には珍しく雄叫びをあげ、周りのおじさん、おばさん、オタクの兄さん、姉さんと順繰りにハイタッチをして廻った・・・。

 

 

 

 

 

 

スポーツでこれほど感動(興奮)したことなんてないんじゃないかというくらい感動したし、また、とても救われたような気分になったのを昨日のことのように覚えている。

 

 

 

 

 

 

そんなイチローにも遂に来るべき時が来た・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

清々しさすら感じる会見。

 

 

 

 

 

 

各記者の質問に対して、真摯に、的確に、且つウィットに、つまり非常にクレバーに回答。

 

 

 

 

 

 

しかも、試合終了直後の非常に疲れているところ、1時間20分も・・・。

 

 

 

 

 

 

こういう会見を見ていると、たまに記者の質問に対して長々話をするが、結局質問の答えになっていない(質問になにも答えていない)ということがある。

 

 

 

 

 

 

頭が悪いというのは一旦置いといて、こういう場合、ある意味丁寧に答えているつもりなのだろうが、実のところ必死にエクスキューズ(言い訳)しているだけなんではないかと思う。

 

 

 

 

 

 

しかし、イチローの回答には無駄がない。

 

 

 

 

 

 

つまり言い訳がない。

 

 

 

 

 

 

それだけに、イチローの一言一言が、とても心に響く。

 

 

 

 

 

 

「人生」とは何か?「極める」とは何か?そして「好き」とは何か?

 

 

 

 

 

 

そんなことを考えさせられる会見だった。

 

 

 

 

 

 

最後、記者団に深々と一礼して、にこやかに去って行くその姿は、“イチロー”というものを全て引き受け、全うした男の清々しさがあった。

 

 

 

 

 


イチローのプロ野球人生の全キャリアを観れたこと、つまり同じ時代に生きられたことは、小生の人生に大きな喜び、楽しみをもらったようなもの。

 

 

 

 

 

 

それはとっても幸運なことだと思う。

 

 

 

 

 

 

「偉大な選手に留まらず、母国・日本では、エルビス・プレスリー、ベーブ・ルース、ビル・ゲイツを1人にしたような存在だった。彼は、象徴であり、アイドルであり神話だった」(ニューヨーク・ポスト紙)

 

 

 

 


別冊昭和歌謡・番外編

「別冊昭和歌謡・番外編」@神田 THE SHOJIMARUにスマートソウルコネクション出演。

 

 

 

 

 

トップバッターはこのイベントの主催者、DADADA BAND。

 

 

 

昭和歌謡の名曲をダダダで締める手法は、以前、吉祥寺のGBでも観ているが、これが妙にハマる。

 

 

 

 

 

 

 

「ダダダで締める手法とはなんぞや?」という方はこちらをご参照ください。

 

 

 

基本、ワンコーラスのみなので次から次へと名曲が聴けるトキメキのシステム。

 

 

 

 

 

 

2番手は、キャバレー来来。

 

 

 

非常にオリエンタルの3人組のお姉さん。

 

 

 

 

 

 

しっかり聴かせるその技量も只者ではない。

 

 

 

 

 

 

そして、そのバックに潜む謎の双子の姉妹。

 

 

 

この二人がまたいい味を出している。

 

 

 

 

 

 

その名は「おぢまん」(ユニット名)。

 

 

 

 

 

 

最近は「TheWorthless」というジャグバンドで活動しているとのこと。

 

 

 

 

 

 

あまりにも気になったので、昨年発売したというCDではなく、絵本を購入。

 

 

非常にご機嫌な作品。

 

 

 

 

 

 

音源はApple Music等で聴けます。

 

 

 

 

 

 

 

そして、トリはスマートソウルコネクション

 

 

 

 

 

 

 

スマートソウルコネクションの曲が、昭和歌謡かどうかはともかく、MCだけはベタベタな昭和テイスト。

 

 

 

 

 

 

ミラーボールに照らされながら、いつも以上のハッスル・ステージ。

 

 

 

 

 

 

この日、はじめてスマコネを観たであろうお客さんもヤンヤヤンヤの大騒ぎ。

 

 

 

 

 

 

最高の盛り上がり。

 

 

 

 

 

 

もちろん、こちらもいつも以上に明かりを灯し、気合い十分。

 

 

 

 

 

 

「あ〜音楽って楽しいなぁ〜」なんてことを改めて思えたイベント。

 

 

 

 

 

 

共演者の方々、THE SHOJIMARUのスタッフの方々、そして観に来てくれたお客さんに大きく感謝。

 

 

 

 

 

 

次回のスマートソウルコネクション LIVEは、2019年5月4日(土)吉祥寺 ROCK JOINT GB【mikibar@Rock Joint GB】。

 

 

 

 

 

 

皆さま、是非。

 

 

 

 


本日発売!!

ほんの少しお手伝いさせて頂いたこちら↓本日(3/13)発売!!

 

 

 

 

「まふまふ」をはじめ、「天月-あまつき-」「96猫」「そらる」「うらたぬき」「となりの坂田。」など、今をときめく“歌い手”をシンガーに迎えた初のディズニー公式カバーアルバム。

 

 

 

 

 

 

渋谷にはでかい垂れ幕が設置。

 

 

 

 

 

CDショップはお祭り騒ぎのようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

凄いことになりそうな予感。

 

 

 

 

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM