時の芸術

何年もこの仕事に携わっていますが、

毎回商品が届く度に、

「オレ、CD作っちゃったよ!?」

といつも感慨深いですが、

今回弊社リリースではないですが、その感慨は今迄以上・・・。

小生が思う伊藤サチコとはイコールこのアルバムです!!


通常盤(CD)

KNCA-12017 / ¥2,500(tax in)


5th album
『時の芸術』

1. 迷路は続くよどこまでも / 2. トレイン〜朝の電車〜 / 3. 桜並木 /
4. キスしてみたい / 5. 飛べない鳥 / 6. 絵 / 7. 流れ星に /
8. あれは恋だった / 9. 伝えること / 10. あなたは僕を知らない /
11. 街の絵の具箱

2012.8.8 on sale!!

※ 通常盤(CD)は全国CDショップでお買い求め頂けます。




ECサイト / ライブ会場限定盤(CD+DVD)

KNCA-12016 / ¥3,500(tax in)

new album「時の芸術」に「トレイン 〜朝の電車〜」PV
ドキュメンタリー映像(CD/DVD制作の舞台裏、プライベート映像等を収録)を
プラスした初のCD+DVD2枚組仕様!!

DVDトールケースを使用したスペシャルパッケージ!!

ECサイトは
Amazon
GLOBAL-TWIST online store
Knowledge Alliance | PCI MUSIC公式サイト
以上、3つのサイト限定での販売となります。








■会場:ポニーキャニオン1F イベントスペース


■日時:2012年8月8日(水)OPEN 19:30 / START 20:00


■内容:トーク+ライブ+PV出演人形と伊藤サチコと記念撮影

【サポートメンバー】
榎本聖貴(Gt. etc / huenica、ex.LOST IN TIME)
三井律郎(Gt. etc / THE YOUTH、LOST IN TIME)

【トークMC】
こんせいそん(漫談家)

☆new album『時の芸術』をリリース日にいち早くライブでお届けします!!

☆伊藤サチコ直筆による「時の芸術」全曲解説リーフレットを御来場の方、全員にプレゼント!!

☆当日、会場内にあります即売コーナーにて最新作「時の芸術」通常盤もしくはEC/会場限定盤をお買い上げの方には、ライブ終演後、サインそして「トレイン〜朝の電車〜」のPV出演人形と伊藤サチコとの記念撮影にご参加頂けます!!

※撮影は御自身のデジカメ、スマートフォン、携帯電話をお借りする形でスタッフが撮影させて頂きますので、当日、お忘れの無いよう宜しくお願い致します。


■参加方法:観覧フリー(入場無料)


■注意事項
☆イベント会場での録音、録画、及び写真撮影は、一切禁止とさせて頂きます。
☆トラブルやアーティストの都合により、予告無くイベントが中止となる場合がございます。
☆会場は充分なスペースがありますので、もれなく御入場頂けますが、万が一、収容人数をオーバーした場合、入場制限をかけさせて頂く場合がございます。






本日リリース!!

伊藤サチコプロデュース
『ジブリを聴きながら、上を向いて歩こう』

KNCA-12012 / ¥1,500 (TAX IN)
発売元:PCI MUSIC / 販売元 : Knowledge Alliance

01.上を向いて歩こう「コクリコ坂から」 挿入歌
02.テルーの唄「ゲド戦記」 挿入歌
03.崖の上のポニョ 「崖の上のポニョ」 主題歌
04.カントリーロード「耳をすませば」 主題歌
05.風の谷のナウシカ「風の谷のナウシカ」 主題歌
06.となりのトトロ「となりのトトロ」 エンディングテーマ
07.もののけ姫「もののけ姫」 主題歌
08.ルージュの伝言「魔女の宅急便」 主題歌
09.君をのせて「天空の城ラピュタ」 主題歌
10.いつも何度でも「千と千尋の神隠し」 主題歌






iTunesのサウンドトラックアルバムチャート1位!!(7/29付)







『ジブリを聴きながら、上を向いて歩こう』発売記念
伊藤サチコ presents『MUSIC LAB』

2011年9月11日(日)二子玉川KIWA
OPEN 17:00 / START 18:00
前売 ¥2,500- / 当日 ¥3,000-
6歳未満のお子様については保護者1人につき1人無料
※2名以上のお子様はチケット1枚ご購入ください。
チケット発売日 : 2011年7月30日(土)
チケット発売 : ローソンチケット(Lコード : 75235), KIWA、メール予約
お問合せ : 二子玉川KIWA03-6805-7948


2011年9月18日(日)京都拾得
opening act : 興梠マリ
OPEN 17:30 / START 18:30
前売 ¥2,500- / 当日 ¥3,000- (+1drink)
小学生以下のお子様については保護者1人につき無料
チケット発売日 : 2011年7月30日(土)
チケット発売 : 京都拾得、メール予約
お問い合わせ : 京都拾得075-841-1691

チケット予約はこちら





いよいよ明日!!

伊藤サチコ弾き語りミニアルバム第二弾!!



ENOUG-HO RECORDS
EHCD-0012 / ¥1,500 (TAX IN)
ライブ会場、通販での販売
2011.6.25 on sale!!

<収録曲>
01. 宿題(セルフカバー)
02. かげぼうし
03. ぼくの神様
04. カレンダー(セルフカバー)
05. 奇跡の日々

Produced by 伊藤サチコ

こちら↓からお聴き頂けます!!是非!!
伊藤サチコHP(PC)
http://www.ito-sachiko.com/


伊藤サチコMySpace
http://jp.myspace.com/itosachiko


リスナーレビュー募集!!
前作「感情と水」に引き続き、『Truthful II』を聴いた方からの
リスナーレビュー(100字以上800字以内)を大募集!!
頂いたレビューは伊藤サチコHP等で公開させていただきます。
またレビューを頂いた方全員に伊藤サチコ本人が直接お返事させていただきます。
皆様奮ってご参加ください。




6月25日(土)渋谷 7th floor ※ワンマン

7月01日(金)大阪 knave

7月02日(土)京都 Sole Café ※ワンマン

7月03日(日)名古屋 PARADISE CAFE21 ※ワンマン

7月23日(土)秋田 ROCKS ※ワンマン

7月24日(日)仙台 CLUB JUNK BOX

チケット発売中

詳細はこちら

Truthful II

伊藤サチコ弾き語りミニアルバム第二弾!!


2011.6.25 on sale!!
EHCD-0012 / ¥1,500 (TAX IN)
ライブ会場、通販での販売!!
ENOUG-HO RECORDS / GLOBAL TWIST.INC



6月25日(土)渋谷 7th floor ※ワンマン
7月01日(金)大阪 knave
7月02日(土)京都 Sole Café ※ワンマン
7月03日(日)名古屋 PARADISE CAFE21 ※ワンマン
7月23日(土)秋田 ROCKS ※ワンマン
7月24日(日)仙台 CLUB JUNK BOX

詳細近日発表!!
TOTAL INFORMATION
http://www.ito-sachiko.com/




リリースに向けて

伊藤サチコと仕事をはじめて早4年。
いよいよ明日、弊レーベルからの第一弾アルバムがリリースされる。

小生的にはここまで色々やってきたとも言えるし、
逆にほぼなにもやってこなかったとも言える。

バンド中心のうちのレーベルで、
女性シンガーソングライターはただ一人。
初めは、どうすればいいのやら?と悩むが、
結局、扱いとしてはバンド対応。
女子ということでの特別視はほぼゼロ。

唯一やってきたと言えることは、
サチコの自信が、確信になるのを待つこと。
そして、出来る限りの環境を与えること。

おそらくサチコ自身、自分に自信はあるでしょう。
ただ、そこに確信がほしかったんだ思う。

いくらこちらが「お前は天才だ」と言った所で、
自分自身で動いて感じて、はじめてわかることもある。
その間、小生はただひたすらじっと見守る・・・。

待ちの作業はそれはそれで非常にシンドイ・・・。
しかし、その紆余曲折の中で、いろんな事に気づき、
ナニか余計なものが削ぎ落ちて行く感じが、
傍らから見ていて、非常に嬉しい。

しかし、サチコが確信を得た上でこのアルバムを作り出したのか、
もしくはその確信を得るために作り出したのかは、
実際のところ小生には分からりまへん。
考え抜いた末に、もはやそれすらどうでもよくなっていたかも。
でもそれでいいと思いますな。
要は自分がよいと思うモノをつくればよいのです。

コトは非常にシンプルだったりする。
唄う事が好きで、曲を作るのが好き。
そして、自分がいい曲だと思うモノを聞いてもらい、人に楽しんでもらう。
基本やるのはこれだけ。
ある意味、ミュージシャンと料理人は似ているところがある。
限られた予算と素材で、調理法を考え、自分が“これは美味い”と思う物を皆に食べてもらい喜んでもらう。
レトルトのように人が美味いと感じる平均値を計算して作るのではなく、
頼るはあくまで自分の舌のみ。
店の大きい、小さいに関係なくこれが基本。

そういう意味では、今回、まわりの惜しみない協力の元、
サチコ自身が“これは美味い!!”と思うモノが出来ました。

小生的にもようやく第一歩が踏み出せたような気がする。
長いようで短い。短いようで長い4年。
そういえば、小生がレーベルをはじめて今年で10年。
10年目の一発目のアーティストですな!!

考えてみるとサチコとはじめて会った時って、
お互い結構シンドイ状況にあったような気がする。
サチコはそれまで迄の事務所を離れ、心機一転を計ろうと奮闘・・・。
一方、小生は事務所を借り、スタッフも増えていき、
確かに仕事的には軌道にのろうとしていたが、
自分の意ではどうにもならない歯車が回りはじめ、
それに翻弄されているような日々。
半ば自暴自棄になりかけていた・・・。

今からその当時を振り返る時、
小生はいつもこの一節↓を思い出す・・・。

あの日、庭の枯草の茂みから、あだこがこっちへ頬笑みかけた。
あれが事の始まりだった、自分は亡びるのを待っていたし、あだこは身の置きどころに窮していた。
どっちもいちばん悪い条件のときに会い、そして、あだこの生きようとする力が勝ったのだ。
山本周五郎「あだこ」より引用)


5年ぶり待望のオリジナルアルバム
『感情と水』

EHCD-0011 / ¥2,500 (TAX IN)
2010.10.13 on sale!!




calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM