この2ヶ月・・・その3

その2の続き)

 

 

 

 

 

コハ・ラ・スマート氏の熱演をテレビ越しに固唾を飲んで見守ってみたり(アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

可愛い寝顔を眺めてみたり。

 

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりに“かもしれん”を鑑賞してみたり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡に飛んでみたり。

 

 

 

 

 

 

 

 

池田屋の「炊き餃子」のあまりの美味さに悶絶してみたり。

 

 

 

 

 

 

 

 

念願のFLAT HOUSE villaでお泊まりしてみたり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山笠を初鑑賞してみたり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黄昏てみたり・・・。

 

 

 

 

 

こんな2ヶ月を送っておりました・・・。

 

 

 

 

これからはこんな長いことお留守にすることなく、

 

 

 

 

松居一代を見習い、しっかりブログを活かしていこうと思います。

 

 

 

 

以後、改めてお見知り置きを。

 

 

 

 

 


今日は何の日?

15年前の本日(4/24)発売されたこちら↓

 

惑星
shi-ro-i-to-ri
CD : CJEH-3008 / ¥1,905+税
LABEL : ENOUG-HO RECORDS
発売・販売:力塾
Release : 2002.4.24
収録曲:
1. まぼろし2002
2. Hard core girl - 愛しのsun set baby -
3. BIRD - 鳥 -
4. 太陽を待ちわびて
5. 乾いた空
6. Palm
7. プールサイド
8. The Girl Who Lives On Heaven Hill
 
【GLOBAL-TWIST online store】
http://global-twist.shop-pro.jp/?pid=5393065
【amazon】
http://amzn.to/2oD4pt7
【TOWER RECORDS】
http://tower.jp/item/838596/shi-ro-i-to-ri

 

 

当時の作品概要はこちら↓

 

連続リリース第二弾ついに出ました「shi-ro-i-to-ri」。前作「ku-ro-i-ho-shi」に比べると、かなり楽曲も幅広く、オルタナティブ色の濃い作品になったかなと思っています。僕は、真っ暗闇から飛び立つ白い鳥が、それは希望なのか絶望なのか分からないのだけれど、その飛び立つ瞬間を、その残像を描きたかったので、アルバムを通して、そのイメージが少しでも伝われば幸いです。
(惑星/岸田研二)

 

 

 

以下、メンバーによる各曲解説。

 

1. まぼろし2002
この曲は、2年前にリリースしたミニアルバム「アコースティック」の一曲目なんだけど、このアルバムを作るにあたって、どうしてもアタマの曲がないっ!!って思ったのと、もう一回レコーディングし直してみたいな。。。なんて思っていたこともあり入れることにしました。「アコースティック」と比べると声が太くなってます。演奏もかなりタイトに仕上がって、そんなこんなで2002バージョン! (岸田研二)

 

 

2.HARD CORE GIRL 〜愛しの sun set baby〜
HARD CORE GIRLはいつだってみんなの人気者。巨大なハテナマークがボンヤリと浮かび上がる間奏部分がもの凄く好きです。誘うのは極上のサイケデリア。(清水義将)

 

 

3.BIRD 〜鳥〜
この曲は、全部作り上げるのになんと1年!!掛かっております。広がりまくってしまう惑星の世界観をどうしたら一曲に集約できるのだろう?ってことにかなり悩み続けた結果この形になりました。ライブでやり慣れてきたら、途中のドラムとベースだけの部分を20分くらいやりたいなんて構想もあります。このアルバムの中でかなりKEYになってくる曲だと思います。(岸田研二)

 

 

4.太陽を待ちわびて
でも昇るのさ、いつかは。もんどりうって、寝返った先が日なただったこと一度や二度じゃないだろう?(清水義将)

 

 

5.乾いた空
イントロの鋭いギターリフが抜群にかっこよい。こりゃイントロ勝ちかも。このまま加速するかと思いきや…なところがポイント。(平田智美)

 

 

6.Palm
一聴したところ、サワヤカな印象を受けますが、“灰色”で始まってしまう、憂鬱な願いらしきものが込められている(のかしら???)歌詞によって、全然サワヤカじゃない。これも惑星の魅力の一つ。(平田智美)

 

 

7. プールサイド
この曲は、頭の中にある大好きな景色を歌った曲。僕は、画家の“ムンク”とか“ルドン”とか大好きなんですけど、彼等の作品も空白が、空虚が音をたててメラメラと燃えていると思うのですよ。僕も少しだけそれに近づきたいと思う毎日であるのです。この曲のアタマにピアノの曲を追加して自作のPV作品を作ろうと思っています。どんな作品になるか自分でも楽しみです。(岸田研二)

 

 

8. GIRL WHO LIVES ON HEAVENS HILL (from HUSKER DU)    
バカバカしくも切ない男の激情と高揚感。政治意識も欲望も、総ては個人の頭の中のこと。とりつかれて、吐き出された言葉にそれでも君は異を唱えるの?(清水義将)

 

 

 

 

連続リリースの第二弾「shi-ro-i-to-ri」。

 

 

 

 

前作に続き、エンジニアは小田真氏。

 

 

 

 

写真は渋谷征司氏。

 

 

 

 

デザインはwip・ergraphics

 

 

 

 

今から思うと結構な豪華な布陣。

 

 

 

 

そんな訳で手前味噌だが、楽曲、サウンド、ビジュアル、気合等総合的に見て連続リリースのこの2枚が惑星のアルバムの中で一番素晴らしいと思っている。

 

 

 

 

是非聴いてもらいたい2枚!!

 

 

 

 

ちなみに英国の老舗インディ・レーベル、Cherry Red Recordsより、「ku-ro-i-ho-shi」「shi-ro-i-to-ri」で選曲されたベスト盤「Noise」も発売!!

 

 

 

 

名誉なことです!!

 

 

 


69★TRIBE 117〜ロック族〜

スマートソウルコネクション、初参戦の「69★TRIBE 117〜ロック族〜」

 

 

 

 

同じレッドシューズでありながら「第3土ヨー日」とはまた違う雰囲気!!

 

 

 

 

YOU-DIE!!!さん、ありがとうございます!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「行ったことない街」発売記念ライブ〜下北編〜

岩見十夢 10年振りのアルバム『行ったことない街』の発売記念ライブ@下北沢440。

 

 

 

 

お昼からのライブにも関わらず満員御礼(多謝)。

 

 

会場にはたくさんの親子連れの姿も。

 

 

 

 

またシャキーン!チームからお花を頂戴!!

 

ありがとうございます!!

 

 

 

 

今回のゲストは京都でも共演した中村佳穂さん。

 

 

 


ピアノを弾き始めた瞬間から会場は釘付け。

 

 

 


その瞬間瞬間をピアノと歌で紡ぐ圧倒的なパフォーマンス。

 

 

 


途中、飛び入りで参加した小寺良太(Dr)との即興性溢れるセッションも圧巻。

 

 

 


十夢曰く「音楽の神様」

 

 

 


まさに!!

 

 

 


そして、本日主役の十夢。

 

 

 

 

東京でのバンド編成でのライブは数年振り。

 

 

 

 

今回の布陣は玉川裕高(Gt)、吉井功(B)、小寺良太(Dr)。

 

 

 

 

つまり“ザ・ぶどうかんズ”の面々。

 

 

 

 

SEもMCなく登場するや否や歌い出したのは「アホウガラス」

 

 

 

 

この10年に落とし前をつけるかのようなエモーシャナル。

 

 

 


ニューアルバムからの曲を中心に、途中「十年経っても」や「ため息の雲」といった昔からのファンも嬉しい楽曲も織り交ぜつつの約1時間。

 

 

 

 

アンコールではサプライズゲストとしてエレキコミックのやついさんが登場。

 

 

 

 

十夢への公開説教に会場がどっと盛り上がる笑

 

 

 

 

そして、最後は中村佳穂さんも参加して“ザ・ぶどうかんズ”の「おぼえてわすれて」「いいわけ!?」

 

 

 

 

奇しくも十夢のレコ発がファーストライブとなった“ザ・ぶどうかんズ”。

 

 

 


贅沢かつ濃密なステージでした!!

 

 

 

 

やついさん、中村佳穂さん、玉川さん、吉井さん、小寺良太さん、シャキーン!チーム、440のスタッフの方々、そしてなにより観に来てくらた皆さんに大きく感謝!!ありがとうございます。

 

 

 


ある意味、ここからが本番!!

 

 

 


気を引き締めて頑張っていこうと思います!!

 

 

 


Sister Paul『RIDE MY MOTORCYCLE』の配信開始!!

2005年リリースされたSister Paul トリオ編成最後のアルバム『RIDE MY MOTORCYCLE』の配信開始!!

 

Sister Paul
4th album
『RIDE MY MOTORCYCLE』
CD : EHCD-0004 / ¥1,905+税
ENOUG-HO RECORDS / GLOBAL TWIST INC.
ReleaseDate : 2005.3.9
1. 乗り物はオートバイ(2:39)
2. 空に浮かぶあなた(3:07)
3. My Sharona(2:42)
4. 二十歳のママン(4:27)
5. ロマンス(3:48)
6. カラーテレビジョン(3:06)
7. ロンロンカーリーヘアー(3:47)
8. 5分経過(5:24)
9. コツコツ天使(2:51)

【iTunes Store】
http://apple.co/2nAPcw4

【レコチョク】
http://recochoku.jp/album/A2000872175/

【Spotify】
https://open.spotify.com/album/44lh9HFXZNRf6uvEUKybh9

 

 

CD派の方はこちら↓

【GLOBAL-TWIST online store】
http://global-twist.shop-pro.jp/?pid=5248618
【amazon】
http://amzn.to/2mJf60o
【TOWER RECORDS】
http://tower.jp/item/1650859/RIDE-MY-MOTORCYCLE
 


Sister Paul
Website: http://sisterpaul.web.fc2.com
Facebook: https://www.facebook.com/sisterpaul
Twitter: https://twitter.com/CROCUSRECORDS

 

 



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM