THE BAWDIES「Thank you for our Rock and Roll Tour 2004-2019」TOUR FINAL 日本武道館公演

THE BAWDIES「Thank you for our Rock and Roll Tour 2004-2019」TOUR FINAL 日本武道館公演へ。

 

 

 

結論から言うと、あっという間の2時間。非常にご機嫌なライブでした。

 

 

 

 

 

ライブレポはこちら↓

 

 

 

 

 

 

 

もう3回目の武道館。
 
 
 
 
 
 
だいぶ初期から観ている身としては非常に感慨深い。
 
 
 
 
 
 
弊社から最初にインディー盤を出してからメジャーデビューまで約3年。
 
 
 
 
 
 
一般的にはかなり順調な方であろう。

 

 

 

 

 


しかし、そうはいっても最初から順風満杯という訳ではなかった。

 

 

 

 

 

 

お客さんが数人しかいないことだってあった。

 

 

 

 

 

 

そんな中でも相当な数のライブを全国でこなし、試行錯誤を繰り返し、着実に現在への足掛かりを築いてきた。

 

 

 

 

 

 

それは傍から見たら、ある意味苦行のようでもあるが、当の本人たちはいつも楽しそうで、ステージ外でも4人は仲良くキャッキャ、キャッキャしていた笑。

 

 

 

 

 

 

そして、気づくと当初の初々しさ以上にロックンロール・バンドとしての貫禄が身についていた。 

 

 

 

 

 

 

 

余談だが、BAWDIESに限らず、このガムシャラでいながら、凄く楽しそうという状態(見え方)が、実はブレイクスルーするバンドの重要なファクターなのではないかと思う。

 

 

 

 

 

 

逆にいうと、バンドがこの精神状態の時にブレイクスルーしておかないと、いろんな意味で辛くなってくる可能性が高い・・・。

 

 

 

 

 


それはさておき、ロックンロール・バンドとしての貫禄というところで、一番顕著にそれが表れたのが、ROY君だったと思う。
 
 
 
 

 

 

 

なにかが吹っ切れ、フロントマンとしての風格が漂って来た。
 
 
 
 
 
 
そこからいろんなことが大きく廻り始めたような気がする。

 

 

 

 

 

 

バンドって本当に進化するもんですな。

 

 

 

 

 


また、その進化にはバンドを裏で支え続けた“特攻隊長”チカラの存在も相当デカい。
 

 

 

 

 


この五人のチームワークがあったからこそ、今があると言える。

 

 

 

 

 

 

僕にとっては、彼らのそんな重要な時期を多少なりとバックアップ出来、そして一歩一歩着実に上り詰めて行く姿をまじかで見れたのは非常に貴重な体験だった。

 

 

 

 

 


メジャーデビューして10年。

 

 

 

 

 

 

第一線で10年続けるって、それはもう本当に至難の技である。

 

 

 

 

 

 

曲の良さ、ライブの楽しさはもちろん、ファンを驚かせるアイデア(感動)を常に提供し続けなければいけない。

 

 

 

 

 


それには、結成からメジャーデビューまでの道のり以上に、知力、体力、技術、感情など、あらゆる要素を全てを注ぎ込まないと続かない。

 

 

 

 

 


そんなハードワークを日本のロックンロール伝道師としてひたむきに続け、第一線で活躍し続ける彼らには。もうリスペクト以外なにもない。

 

 




THE BAWDEIS『YESTERDAY AND TODAY』

SEZ-3002 / ¥1,905+税
SEEZ RECORDS / GLOBAL TWIST INC.
Release : 2006.3.15

収録曲

01 Have mercy miss percy
02 Whip it on me
03 Little girl
04 Rosie
05 I got you (I feel good)
06 Because
07 I'm down
08 Shake it baby
09 Keep on trying
10 Mess around
11 Tutti frutti
12 Dig the buzz

【CD】
GLOBAL-TWIST online store(送料無料)
amazon
【配信】
iTunes Store
Apple Music
Spotify

 

 

 




THE BAWDEIS『I BEG YOU』

SEZ-3004 / ¥1,143+税
SEEZ RECORDS / GLOBAL TWIST INC.
Release : 2007.3.7

ライナーノーツ:音楽評論家/星加ルミ子
収録曲
01. I BEG YOU(MV
02. BABY SUE
03. STAY AWAKE TILL THE DAWN
04. SEND ME BACK

【CD】
GLOBAL-TWIST online store
amazon
【配信】
iTunes Store
Apple Music
Spotify

 

 

 

 

 

 



THE BAWDEIS『Awaking of Rhythm And Blues』

SEZ-3007 / ¥2,190+税
SEEZ RECORDS / GLOBAL TWIST INC.
Release : 2008.2.6

ライナーノーツ:大貫憲章
収録曲
01. JUST PICK UP YOUR PHONE
02. IT'S A CRAZY FEELIN'
03. I BEG YOU
04. I'M IN LOVE WITH YOU(MV
05. MY LITTLE JOE
06. I’M SO LOST WITHOUT YOU
07. STOP YOUR LYING
08. MR.BIG MAN
09. LOVE YOU IN EVERY WAY
10. BABY ME
11. DON'T FIGHT IT, FEEL IT
12. SHAKE YOUR HIPS

【CD】
GLOBAL-TWIST online store(送料無料)
amazon
【配信】
iTunes Store
Apple Music
Spotify

 

 

 

 


Phuket

Angkor Watからの続き)

 

 

アンコールワットに別れを告げ、プーケットへ。

 

 

 

 

 

 

「今のオレに足りないのはセレブ感なのでは!?」

 

 

 

 

 

 

そんな思いから、セレクトされたこちらのホテル。

 

 

お部屋はすべてツリーハウス風。

 

 

 

 

 

 

 

ロビーから眺めも良い(カマラビーチが一望)。

 

 

 

 

 

 

そして、なんといっても部屋のクオリティーがめちゃくちゃ高い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真が綺麗で行ってみたらガッカリなんて話はよくあるが、ここは逆。

 

 

 

 

 

 

写真を上回るクオリティー&アメニティー。

 

 

 

 

 

 

スタッフもとても親切。

 

 

 

 

 

 

部屋からの移動はすべてカートで送り迎え。

 

 

 

 

 

 

またカマラビーチまではシャトルバスで約10分ほど。

 

 

ビーチチェア、一日300円・・・安っ!!

 

 

 

 

 

 

しかし、あまりのホテルの居心地の良さにほぼ外出せず、部屋でぼんやり・・・。

 

 

 

 

 

 

 

気分はすっかりプチセレブ。

 

 

 

 

 

 

しかし、始まりがあれば終わりがある。

 

 

 

 

 

 

明日からはまた下町庶民純情派・・・。

 

 

 

 

 

 

寂しい、寂しすぎる・・・。

 

 

 

 

 

 

 

キーマラの子になりたい・・・。

 

 

 

 

 

 

そんなことすら思う。

 

 

 

 

 

 

この15年でこれほど長い休暇をとったのは初。

 

 

 

 

 

 

そろそろ貧乏性の血が騒ぎ出す頃。

 

 

 

 

 

 

ちょうど良いタイミングですな。

 

 

 

 

 

 

明日からまた一生懸命働いて再訪したいと思います。

 

 

 

 


Angkor Wat

Siem Reapの続き)

 

念願のアンコールワットへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

丸一日歩き廻るも全ては見切れず。

 

 

 

 

 

 

夜、プールサイドで古に想いを馳せつつ、ふと思う・・・

 

 

 

孫が出来たら自慢しよ。

 

 

 

 

 

 

Phuketへ続く)

 


Siem Reap

Bangkoからの続き)

 

 

 


翌朝、シェムリアップへ移動

 

 

 

 

 

 

はじめてのシェムリアップ(カンボジア)。

 

 

 

 

 

 

この日のホテルはリゾード感満載。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえずプールでひと泳ぎ。

 

 

 

 

 

 

 

その後、早速街へ繰り出す。

 

 

バンコクとは似て非なる柔らかい街並み。

 

 

 

 

 

 

和洋折衷ならぬ亜洋折衷な洒落た店構え。

 

 

 

 

 

 

 

派手なネオンもなんかいやらしくない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安くて美味いクメールキッチン。

 

 

 

 

思わず二夜連続で訪店。

 

 

 

 

 

 

オレ、カンボジア好きっす!!

 

 

 

 

 

 

Angkor Watへ続く)

 

 

 


Bangkok

朝6:00 バンコク到着。

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず、公園をぷらぷら。

 

 

 

 

 

 

 

 

小腹が空いたので屋台で朝食。

 

 

本場のガパオライス。

 

 

 

 

 

 

決して衛生的によろしい環境ではなかったが、味は最高。

 

 

 

 

 

 

その後、街を散策するも疲れたので一旦ホテルで休憩。

 

 

カオサン通りから歩いて7,8分のこちらのホテル。

 

 

 

 

 

 

部屋自体はそれほど広くはないが、清潔感もあり、内装も洒落ている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、非常に手入れの行き届いた中庭があり、ソファに座ってずっとぼんやりしていられる。

 

 

ちなみにスタッフも非常に親切。

 

 

 

 

 

 

その後、カオサン通りで人生初のタイ式マッサージを体験。

 

 

 

 

 

 

非常に優しく撫でるようなマッサージを想像していたら、全身を結構な力でゴリゴリ攻められる・・・。

 

 

 

 

 

 

肩に爆弾(四十肩)を抱えた身としては、必死に「Shoulder Pain,Shoulder Pain」と訴えながら必死に抵抗。

 

 

 

 

 

 

そんなのが、約1時間・・・。

 

 

 

 

 

 

終わる頃にはぐったり・・・。

 

 

 

 

 

 

次回は足の裏だけにしようと心に決める。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜、ナイトマーケット(タラートロットファイ・ラチャダー)まで足を延ばす。

 

 

 

 

 

 

観光客気分でトィクトゥクで向かうも恐ろしく運転が荒い。

 

 

 

 

 

 

メーターを見ると時速80km。

 

 

 

 

 

 

窓もなにもない野ざらしでの80kmは体感的には150kmぐらいの感じ。

 

 

 

 

 

 

振り落とされないように車体のフレームに必死で捕まる。

 

 

 

 

 

 

トィクトゥクってもっと牧歌的な乗り物だと思ってました・・・。

 

 

 

 

 

 

とりあえず、こいつ↓のトィクトゥクだけは一生乗らないと心に誓う。

 

 

 

 

 

 

 

平日の夜にも関わらず、マーケットは大賑わい。

 

 

とはいってもほぼ観光客メイン。

 

 

 

 

 

 

そして、こちらのマーケット、とにかく広い。

 

 

 

 

 

 

全部見るにはのんびりなんかしていられない。

 

 

 

 

 

 

しかし、動き回ると疲れるし、腹が減る。

 

 

 

 

 

 

ということで屋台にイン。

 

 

得体の知れないブラック・ラーメン(味は美味)。

 

 

 

 

 

 

 

茹でたエビと、とにかく辛い炒め物。

 

 

 

 

 

 

翌朝、肛門のヒリヒリがしばらく取れず。

 

 

 

 

 

 

いろいろ見て周ったが、とりあえず今回は可愛らしいホーローのお皿だけをゲットして、帰路に着く。

 

 

 

 

 

 

もちろん、帰りはトィクトゥクではなく、タクシーで。

 

 

 

 

 

 

それにしてもバンコクの交通事情(車事情)はヤバイ。

 

 

 

 

 

 

ノンヘルは当たり前。

 

 

 

 

 

 

なかには親と思しき男女とその子供が三人乗りで爆走(もちろんノンヘル)。

 

 

 

 

 

 

譲り合いの精神は皆無。

 

 

 

 

 

 

みんなひたすら飛ばす。

 

 

 

 

 

 

プチマッドマックスの世界。

 

 

 

 

 

 

ただ、こんな感じならそこら中で交通事故が多発してそうなものだが、それが全く見受けられなかった。

 

 

 

 

 

 

タイのドライビングテクは、ベイビー・ドライバーレベル???

 

 

 

 

 

 

もしくはよそ者に分からない阿吽の呼吸というか空気があるんでしょうな。

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで初日のバンコクはかなりげっそりしながら終了。

 

 

 

 

Siem Reapへ続く)



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM