フィロデンドロン

レイアウト変更したは良いが、なにか足りないような気が・・・。
ということで、フィロデンドロンという名の観葉植物を置いてみる。
足りないと思っていたところが埋まったような・・・。
なんか恐ろしく愛着が湧くかわいい奴です!!

花屋曰く、この植物は部屋の空気をキレイしてくれる、とのこと。
男所帯で、しかもタバコの煙で澱んだこの部屋をキレイにするのは相当な重労働・・・。
フィロさんにそんな過酷な試練を与える訳にはいきません!!
いっそのこと、この部屋禁煙にしようかと本気で検討中です。


フィロさん

レイアウト変更

以前から気になっていた事務所のレイアウト。
元々狭い上に、全く有効活用されていない有様に
業を煮やし、変更してみる。

チカラはTOUR中なので、最近、勝手に弊社社員見習いを自称する
シャープ君を投入。よく働くいい男です!!

当初考えていたレイアウトにはかなり無理があることが判明し、
急遽、シャープ君のアイデアを取り入れ、無事終了。
なんか見違えるほど広くなった感じで、大満足!!

本日のギャラは、シャープ君の大好物、焼き肉。

この日のために、1週間メシを抜いていたのでは?と思うぐらいの食べっぷり。
男子はこうでなきゃいけません!!しかし、酒は一滴も呑めず・・・。

シャープ君、ホントにサンキューでした。
チカラよ、今度事務所を散らかしたら罰金です(笑)。

P.S
そういえば、DJ crocodaさんの部屋が雑誌『Rooming』で紹介されていました。

「いったいどんだけモテようとしているのか!!」と思うぐらいのお洒落部屋です・・・。
一度、弊社事務所もプロデュースしていただきたい。

sonic&trip@KOENJI HIGH


久しぶりにsonic&tripのライブを観る。
というか、ライブ自体やるのが半年ぶりぐらいでは。
その間、いろいろあったぽいですが、なんとか元サヤに収まった感じ。

場所は高円寺の新しいライブハウス、KOENJI HIGH
高円寺の他のライブハウスに比べると若干優しい感じ。
今は全く思いませんが、学生時代とか高円寺のライブハウスに行くのって、
それなりの覚悟を持って行っていた記憶がありますな。

入り口を開けたら、早速清水君と大泉君とご対面。
元気そうでなにより。
ライブ自体は以前にも増してsonic&trip節が全開。
新曲もいい感じです。やはり4人揃ってsonic&tripですな。

レコーディングも終了(?)したらしいので、
これから楽しみです。


読書

小生の通勤時の楽しみ。それは読書。
といっても難しい本は読みません。
もっぱらの好物は、ちょっと前に話題になった芸能人の著作物。
こういうものはワイン同様、しばらく寝かすに限ります。
最近読んだ中でいい味だしていたのは、
「くそ長ーいプロフィール」(諸星 和己著)
とにかくエピソードと、それを記す表現力が最高に面白い。
さすがトップアイドルと思わせる一冊。
やはりこういう人がいないといけません!!

「ふぞろいな秘密」(石原 真理子著)
話題にあっがている時は(今でもですが・・・)、ほぼ興味なかったのですがが、
時期をずらして読むと、作者の切実さと世間との温度差がさらに浮き彫りに・・・。
著者は「恋愛で傷ついた人に、この本を読んで、人は再生できるんだと思ってほしい」
的なことを述べております・・・。これを読んで、その意図を汲み取ることができれば
ほぼエスパーです・・・。

上記のような書物以外でも、単純に本当に感動した本もありまして、

男子のための人生のルール」(玉袋 筋太郎著)
基本的に中学生ぐらいの男子向けに書かれた本ですが、むしろ大人が読むべき。
男の子として生まれてきたなら、バカでも貧乏でもいいから人としてこうありたいと思う。
特に、最終章に近くにある「親の撮った写真」のくだりは号泣必至。
ホントお薦めです。

ということで、来週に備え、今日も本屋へ。
本日購入したのはこちら。

正しい保健体育」(みうら じゅん著)


被告人、前へ。」(阿曽山大噴火著)


人間コク宝」(吉田 豪著)

「正しい保健体育」だけは電車で読むのがかなり厳しそう。
かなりキワドい挿絵が・・・。


伊藤サチコ@CLUB 251


最近は上の440にはよく行きますが、251は久しぶり。
その昔、よくイベントやらせてもらいました。
伊藤サチコは初になるのか??

本日のイベントはabel and cainの「Tokyo Dizzily Sea vol.2」。
以前、ドラムの山田君には伊藤サチコのバックで叩いてもらってました。
しかし、1年ちょっとであまりに風貌がかわり、ちょっとした好青年風に・・。
初め全く気づかずでした・・・。

この日は伊藤サチコ以外、すべてバンドでしかも割と激しめ。
こういうところで、伊藤サチコを観てもらえるのは個人的に非常に嬉しいし、
ドンドンやるべきだと思っておりやす。

そして、abel and cainのヴォーカル&ギターの木村隼人氏がMCで、
影響されたアーティストとして、数々のロックレジェンドとともに、
しっかり伊藤サチコの名が・・・。
彼曰く「彼女がいなかったら、音楽やってなかったかも」とまで。
なかなか泣かすMCでした・・・。

ライブ終了後の打ち上げでは、久しぶりに岩崎なおみ氏&土屋佳代氏も参戦。
なかなか前向きな話が出来ました。

今月はライブがかなり多いです。2月以来の名古屋も入っています。
是非是非、皆様遊びに来てください!!


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM