伊藤サチコ at 青山月見ル君想フ

TOUR終了後の最初の東京でのライブ。
以前から伊藤サチコのここでライブしたいリストの
上位に入っていた青山月見ル君想フ。念願叶い初出場。
ちなみに弊社的にはいろいろお世話になっています(十夢とか)。

ステージ後ろに浮かぶ月をバックに歌い上げる姿を観て、
TOURでの出来事を思い出してみたりする・・・。

一ヶ月ぶりにお会いしたサウンドプロデューサー近澤氏からお褒めの言葉を頂く。
TOUR前にいただいたアドバイスがよかったんです!!

本日の対バンは伊藤サチコ的にも小生的にも
なにかと繋がる人が多く、楽しい打ち上げ。
今後ナニか面白いことが出来そうな予感あり!!

THE BAWDIES 2nd album『Awaking of Rhythm And Blues』発売!!

Awaking of Rhythm And Blues(CD)
本日、THE BAWDIESの2nd albumにして初のオリジナル・フル・アルバム
『Awaking of Rhythm And Blues』が無事リリース!!
今回、BAND自身もさることながら、弊社の武闘派CHIKARAの気合いも相当凄かった!!
弊社が胸を張って送る最高にR&Rな一枚!!是非、皆さん聴いてください!!

ちなみにこちらはアナログ盤↓
Awaking of Rhythm And Blues(アナログ盤)

“Truthful”TOUR in 名古屋

TOUR最終日。
静岡から名古屋までいく車中、今後の伊藤サチコついて熱く討論。
そして気合いで乗り込んだ名古屋でしたが、気合い入り過ぎて、
得三のドアに指を挟む伊藤サチコ。かなり焦る・・・・。
大至急、薬局に行ってマキロンと絆創膏購入。そして、得三から
氷をもらい、しばらく冷やす。旅にはハプニングがつきものですが、
この類いのものは遠慮したいですな。今日のライブは果たして・・・。

本日の一番手は、てらしま
基本フォークなのですが、そのギターの凄さたるや・・・。
Bert Janschを思わせるトラッド的なテイストで、
控え室ではLED ZEPPELINの「Black Mountain Side」も軽く弾きこなしておりました。
レコード等ではよく聴きますが、この手のギター弾きを生で観るのは初めてで感動。

二番手は二人組シンガーデュオのmimmai
そのハーモニーの美しさたるや完璧!!カバーの選曲も最高で、カントリー・ロードには涙。
ライブパフォーマンスも凄く雰囲気があり、観るものを釘付けにする力がありますな。

そして本日のトリ、伊藤サチコ。
挟んだ指の影響を相当心配しましたが、ほとんどその影響を感じさせない気合いのパフォーマンス。
一番手のてらしま氏にも言われましたが、なんか伊藤サチコが唄いだすと会場の空気がかわります。
張りつめた緊張感とかではないですが、なにか凄いものがはじまる予感がします!!
TOURをずっと同行しきましたが、どこの会場でもやはり同じような現象が起きておりました。
この小さい体のどこにそんなパワーがあるのか・・・まさに小さな巨人です。
最後にはアンコールも起こり、「眠りの歌」を優しく歌い上げ、伊藤サチコ初のTOURすべて終了。

伊藤サチコにとっては初のTOURで、東京ではなかなか対バンすることもないようなバンド、
アーティストといっしょにやれて、今までにない刺激を受けたと思います。
小生としても彼女の歌をさらに多くの人に届けれるよう頑張りやす!!
そして、今回本当にいろんな人にお世話になり、感謝しきれません。ありがとうございました!!

“Truthful”TOUR in 静岡

“Truthful”TOUR in 静岡。
東京、まさかの大雪。電車動くのか心配でしたが、結局6分遅れぐらいで静岡着。
もの凄く久しぶりの静岡。ライブでもなかなか来ません。
しかし、小生と静岡はなにかと縁がありまして、幼少のときにちょっとの期間、
静岡に住んでおりました。正確にいうとばあちゃんのところに預けられていました・・・(涙)

そんな話はさておき、伊藤サチコにとっても、小生にとっても初の静岡UHU
BARテイストのお店の雰囲気も非常によく、家具等もかなりかわいらしい。
そして、本日呼んでくれたカウチポテトの勝俣氏とご挨拶。
こちらの勝俣氏、普通に伊藤サチコのファンで、たまに東京にライブを観に来てくれていて、
そこからあれよあれよと今回のイベントに発展。なんでも縁ですな。

東京のような雪ではなかったですが、あいにくの空模様で、人が来てくれるか心配でしたが、
そんな心配はご無用でした。超満員の大盛況。勝俣君凄いです!!

一番手はnorthrn★star
透明感のある声とメロディーが非常に印象的な女性シンガーソングライター。
ルックスも非常にキュートでありますが、かわいらしいというより、そのギターを
弾いて唄う佇まいはかなりカッコよかったです。

そして、二番手は伊藤サチコ。
いつもと変わらぬ気合いのパフォーマンス。
しかし、最後の方で声にリヴァーブがかかりすぎて、かなりスペーシーになってしまったのは残念。
ただ、感情が高ぶるような伊藤サチコの歌(声)に思わず、リヴァーブをあげてしまうPAさんの気持ちも分かります!!

そして、トリはカウチポテト。
トリオ編成で繰り出されるその曲はバラエティー豊かで、非常に面白い。
メンバーのキャラもいい感じで、ライブパフォーマンスも凄く楽しめました。
地元に凄く根付いているというか愛されているバンドですな。

そんな訳で、大盛況のうちにイベント終了。
カウチポテトの皆様、northrn★starさん、静岡UHUのスタッフ、そして、観に来てくれた方々
本当にありがとうごあいました。また是非静岡来たいと思います。よろしくです!!

浅草散歩


久しぶりにTKさんと浅草散歩。
こちらのTKさん。もうかれこれ十年以上のお付き合いになりますが、酒がほとんど呑めなかった
小生を立派な酒飲みにしてくれた酒飲み界の鬼軍曹。
そして、一時はだいぶご無沙汰していた“浅草”の良さを再発見させてくれたお方。
といっても小生にとってはほぼ地元のような土地。
三社祭に参加したことはないですが、サンバカーニバルには3回出場しております・・・(恥)。
昔バイト先が浅草で、そこの店のチームの一員として、出場したのですが、袖をぶった切った
Gジャンとホットパンツという出で立ちは当時としてもかなりしんどかったですが、そこに参加
するには理由がありまして・・・。
普段普通に見慣れていたバイト先のお姉さん方が、その時ばかりは乳首に星形ニップレスを張付け、
ロディオボーイ的なダンシング。その興奮と衝撃は今でも忘れないっす・・・。

そんな訳で、散策開始。
まずは蕎麦屋で一杯のつもりが、気づいたらお腹いっぱいに・・・。
つまみ程度と思っていたら、がっつり食っておりました。
これでは酒が呑めんということで、腹ごなしにバッティングセンターへ。
そこにあったシーソーゲーム(東京フレンドパークでいうところのネヴァーワイプアウト)に
がっつりハマる。寂れた店内に30半ばの男二人のはしゃぎ声がこだましておりました・・・。
ハタからみたら完全ホモカップルですな。


はしゃぎ疲れて、いい感じに腹も落ち着き、とりあえず一杯。
カウンターのみの店内には浅草特有のカオス感が充満しておりました。
その後、場所を浅草から神田へ移動。
ガード下にあるこれまたいい感じの飲み屋“大越”へ。
こちらはメニューも充実しており、昼間に定食屋として利用するのもありですな。

という訳で、なんか久しぶりにのんびり休日を過ごした感じです。


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM