Bangkok

朝6:00 バンコク到着。

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず、公園をぷらぷら。

 

 

 

 

 

 

 

 

小腹が空いたので屋台で朝食。

 

 

本場のガパオライス。

 

 

 

 

 

 

決して衛生的によろしい環境ではなかったが、味は最高。

 

 

 

 

 

 

その後、街を散策するも疲れたので一旦ホテルで休憩。

 

 

カオサン通りから歩いて7,8分のこちらのホテル。

 

 

 

 

 

 

部屋自体はそれほど広くはないが、清潔感もあり、内装も洒落ている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、非常に手入れの行き届いた中庭があり、ソファに座ってずっとぼんやりしていられる。

 

 

ちなみにスタッフも非常に親切。

 

 

 

 

 

 

その後、カオサン通りで人生初のタイ式マッサージを体験。

 

 

 

 

 

 

非常に優しく撫でるようなマッサージを想像していたら、全身を結構な力でゴリゴリ攻められる・・・。

 

 

 

 

 

 

肩に爆弾(四十肩)を抱えた身としては、必死に「Shoulder Pain,Shoulder Pain」と訴えながら必死に抵抗。

 

 

 

 

 

 

そんなのが、約1時間・・・。

 

 

 

 

 

 

終わる頃にはぐったり・・・。

 

 

 

 

 

 

次回は足の裏だけにしようと心に決める。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜、ナイトマーケット(タラートロットファイ・ラチャダー)まで足を延ばす。

 

 

 

 

 

 

観光客気分でトィクトゥクで向かうも恐ろしく運転が荒い。

 

 

 

 

 

 

メーターを見ると時速80km。

 

 

 

 

 

 

窓もなにもない野ざらしでの80kmは体感的には150kmぐらいの感じ。

 

 

 

 

 

 

振り落とされないように車体のフレームに必死で捕まる。

 

 

 

 

 

 

トィクトゥクってもっと牧歌的な乗り物だと思ってました・・・。

 

 

 

 

 

 

とりあえず、こいつ↓のトィクトゥクだけは一生乗らないと心に誓う。

 

 

 

 

 

 

 

平日の夜にも関わらず、マーケットは大賑わい。

 

 

とはいってもほぼ観光客メイン。

 

 

 

 

 

 

そして、こちらのマーケット、とにかく広い。

 

 

 

 

 

 

全部見るにはのんびりなんかしていられない。

 

 

 

 

 

 

しかし、動き回ると疲れるし、腹が減る。

 

 

 

 

 

 

ということで屋台にイン。

 

 

得体の知れないブラック・ラーメン(味は美味)。

 

 

 

 

 

 

 

茹でたエビと、とにかく辛い炒め物。

 

 

 

 

 

 

翌朝、肛門のヒリヒリがしばらく取れず。

 

 

 

 

 

 

いろいろ見て周ったが、とりあえず今回は可愛らしいホーローのお皿だけをゲットして、帰路に着く。

 

 

 

 

 

 

もちろん、帰りはトィクトゥクではなく、タクシーで。

 

 

 

 

 

 

それにしてもバンコクの交通事情(車事情)はヤバイ。

 

 

 

 

 

 

ノンヘルは当たり前。

 

 

 

 

 

 

なかには親と思しき男女とその子供が三人乗りで爆走(もちろんノンヘル)。

 

 

 

 

 

 

譲り合いの精神は皆無。

 

 

 

 

 

 

みんなひたすら飛ばす。

 

 

 

 

 

 

プチマッドマックスの世界。

 

 

 

 

 

 

ただ、こんな感じならそこら中で交通事故が多発してそうなものだが、それが全く見受けられなかった。

 

 

 

 

 

 

タイのドライビングテクは、ベイビー・ドライバーレベル???

 

 

 

 

 

 

もしくはよそ者に分からない阿吽の呼吸というか空気があるんでしょうな。

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで初日のバンコクはかなりげっそりしながら終了。

 

 

 

 

Siem Reapへ続く)


クーモリ 2ndアルバム『サッドインクシティ』配信開始

前作に続き、今回も配信のお手伝い。

 

kuumori(クーモリ)
2ndアルバム
『サッドインクシティ』
01. ムジカヘルシンキ
02. ブルーグラス
03. ジングルインマイナー
04. カンバーランドギャップ
05. コバルトポルカ
06. 黒のパレード
07. 二人の猫
08. ビューティフル
09. タウン
10. 夜汽車になんて

 

【ダウンロード】
iTunes Store
https://apple.co/2TzTS1B 
レコチョク
http://recochoku.jp/album/A2001383202/


【サブスクリプション】(2曲)
Apple Music
https://apple.co/2shk8Cf 
Spotify
https://spoti.fi/2AAvBkW 
 

CD派の方はこちら↓

https://www.kuumori.com/goods-1/

 

 

 

 

またしても名盤誕生。

 

 

 

 

 

是非聴いてください。

 

 

 

 

 


からんどりえ展 2018

今年も「からんどりえ展」の季節がやってまいりました。

 

 

 

 

 

ここ数年、毎年楽しみにしているに絵画作品展。

 

 

 

 

 

 

東村山福祉園を利用されている重度・最重度の知的障害の方々が日中活動で描いた約200点に及ぶ色鮮やかな絵画作品が展示。

 

 

 

 

 

 

絵から放出される凄まじいいパッションに、逆に心が癒される。

 

 

 

 

 

 

 


ずっと観ていたい。

 

 

 


饗宴ナイト

2018年最後のスマートソウルコネクション LIVE

 

 


会場ははじめましたのTHE GUINGUETTE by MOJA

 

 

 

 

 


お洒落なキャバレーようなその空間は、非常にスマコネ向きでしたな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年のスマートソウルコネクションは、CM10作品を製作し、久しぶりのワンマンライブや、10年ぶりの大阪ライブなど今後につながる実り多き一年になりました。

 

 

 

 

 

 

来年も是非応援よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

ちなみに来年のスマートソウルコネクション LIVEは、

 

2019年2月23日(土)東高円寺U.F.O.CLUB

2019年3月09日(土)JR東小金井駅 コミュニティーステーション東小金井広場(ミニステージ)
【nonowa coffee festival 2018 spring】
入場無料

 

 

 

お楽しみに。

 

 

 

 

 

 

P.S.

「2月までスマコネLIVEがないなんて・・・」とお嘆きの奥さん。

 

 

 

 

 

 

こちら↓で、スマートソウルコネクションの新しいMVがご覧頂けますよ。

 

 

 

 

 

 

 


movies about music and musicians

この1ヶ月で3本続けて音楽系映画を鑑賞。

 

 

 

 

 


まずはこちら↓

 

 

『THE COLLECTORS〜さらば青春の新宿JAM〜』

 

 

 

2017年12月31日に惜しまれつつ37年の歴史に幕を下ろした新宿JAM(現在、西永福で新店オープン)。

 

 

 

 

 

 

非常に歴史がありながら、ロフトほどの敷居の高さはない。

 

 

 

 

 

 

かといっても誰でも入れるかとうと、そうでもない・・・。

 

 

 

 

 

 

全体的にいい感じで不良臭が漂い、入り口から階段降りてフロアに向かう動線は、妙にドキドキさせてくれるものがあった。

 

 

 

 

 

 

ある意味、とてもライブハウスらしいライブハウスとも言える。

 

 

 

 

 

 

そんな新宿JAMの閉店直前にあたる2017年12月24日に1986年に行なわれた初ワンマンの完全再現ライブを敢行したTHE COLLECTORS

 

 

 

 

 

 

映画では、そのライブ映像を挟みながら、THE COLLECTORSの軌跡、80年代〜90年代の東京モッズシーン、そしてそれらと密接に繋がっていた「新宿JAM」を通して、東京モッズカルチャーに迫ったドキュメンタリー。

 

 

 

 

 


新宿JAM閉店ということで、なにか感傷的な映画かなぁと思ったら、そういうところはほとんどなく、どちらかというか潔い感じ。

 

 

 

 

 

 

そういうところが、とてもコレクターズらしい。

 

 

 

 

 

 

バンドの姿勢として常に現在進行形で前しか見ていない。

 

 

 

 

 


結成から30年。

 

 

 

 

 

 

当然洒落にならない案件もあったことでしょう。

 

 

 

 

 

 

しかし、そんなこも、こともなげに語れるスマートさ。

 

 

 

 

 


憧れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


続いてはこちら↓

 

 

映画『SOUNDS LIKE SHIT the story of Hi-STANDARD』

 

 

 

 

 


僕ら世代でレーベルを志す時にハイスタ、そしてPizza of Deathに影響を受けなかった奴が日本にいるだろうか。

 

 

 

 

 

 

60年代初頭、ビートルズの出現が「俺たちも楽器を演奏して、曲作って、バンドやれるんだ」ということを世界のヤング達に気づかせてくれたように、ハイスタ(Pizza of Death)が「俺たちもレーベルやれるんだ」と気づかせてくれた。

 

 

 

 

 


昔の映像を見ると三人ともまだ子供みたいな顔をして、ただただ楽しそう。

 

 

 

 

 


そこからシーンのトップとなり、桁違いのムーブメントに巻き込まれ、またそれらを自分たちだけでコントロールしないといけないという状況は精神的にも肉体的にもおかしくなっちゃうでしょうな。

 

 

 

 

 

 

良くも悪くも分かりやすいぐらいの栄光と挫折・・・。

 

 

 

 

 


ただ、そんな状況を器用にこなす若い奴がいたら、逆にそちらの方が怖い・・・。

 

 

 

 

 

 

そして、そこから長い時間をかけ、困難を乗り越え、再び栄光を手に入れたお三方・・・涙。

 

 

 

 

 

 

これからもずっと追いかけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、3本目はこちら↓

 

 

映画『ボヘミアン・ラプソディ』

 

 

 

 

 


世界的に話題騒然の作品。

 

 

 

 

 


上記二本がドキュメンタリーなのに対し、こちらは伝記ドラマ。

 

 

 

 

 

 

噂のライブシーンは、物語、エピソード、曲の良さ、演奏、フレディーのひたむきな姿勢・圧倒的な存在感、大観衆、一体感、カメラワーク、など全てが相乗効果となって、それはそれはビューティフル。

 

 

 

 

 

 

必見必聴です。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに本家本元のQueen at LIVE AID 1985はこちら↓

 

 

やっぱり泣ける・・・。

 

 

 

 

 


とりあえず、今回3本観た中で僕的には非常に身近ということもあり、『THE COLLECTORS〜さらば青春の新宿JAM〜』が、なんか一番グッときた気がします。

 

 

 

 

 


ただ明日には「やっぱりボヘミアン・ラプソディが良かった」と言っているかもしれません・・・。

 

 

 

 

 

 

ご自身の目でお確かめください。

 

 

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM