今日は何の日?

11年前の本日(3/15)発売されたこちら↓

 

 

THE BAWDIES
1st album
『YESTERDAY AND TODAY』
CD : SEZ-3002 / ¥1,905+税
SEEZ RECORDS / GLOBAL TWIST INC.
ReleaseDate : 2006.3.15
01 Have mercy miss percy
02 Whip it on me
03 Little girl
04 Rosie
05 I got you (I feel good)
06 Because
07 I'm down
08 Shake it baby
09 Keep on trying
10 Mess around
11 Tutti frutti
12 Dig the buzz

【GLOBAL-TWIST online store】
http://global-twist.shop-pro.jp/?pid=5176229
【amazon】
http://amzn.to/2n5OeYF
【TOWER RECORDS】
http://tower.jp/item/1908910/YESTERDAY-AND-TODAY

 

THE BAWDIES
Website: http://thebawdies.com/
Facebook: https://www.facebook.com/TheBawdies
Twitter: https://twitter.com/THE_BAWDIES

 

 

当時の作品概要はこちら↓

 

メンバーが敬愛するリトル・リチャード、レイ・チャールズに代表される50年代、60年代のリズム&ブルース、ロックンロール、そして ビートルズ、ローリングストーンズ等のバンドをルーツに、ロックンロールの本来持つピュアな魅力、ダイナミックなエネルギーがストレートに伝わる、このアルバム全12曲には今後、彼等が日本のロックンロールシーンを代表するであろうエッセンスを感じる事ができる。 

 

 

 

作品概要にもあるように今や日本のロックンロールシーンを代表する彼らの1st アルバム。

 

 

 

 

内容的にもR&Rマナー順守のカバー7曲、オリジナル5曲!!

 

 

 

 

ルーツへの憧れ、ピュアさ、若さ(エネルギー)がダイクレクトに伝わる優良盤。

 

 

 

 

現在はさらにそこに洗練さも加わり、進化し続けている感じですな。

 

 

 

 


今日は何の日?

12年前の本日(3/7)発売されたこちら↓

 

 

Sister Paul
4th album
『RIDE MY MOTORCYCLE』
CD : EHCD-0004 / ¥1,905+税
ENOUG-HO RECORDS / GLOBAL TWIST INC.
ReleaseDate : 2005.3.9
1. 乗り物はオートバイ(2:39)
2. 空に浮かぶあなた(3:07)
3. My Sharona(2:42)
4. 二十歳のママン(4:27)
5. ロマンス(3:48)
6. カラーテレビジョン(3:06)
7. ロンロンカーリーヘアー(3:47)
8. 5分経過(5:24)
9. コツコツ天使(2:51)

【GLOBAL-TWIST online store】
http://global-twist.shop-pro.jp/?pid=5248618
【amazon】
http://amzn.to/2mJf60o
【TOWER RECORDS】
http://tower.jp/item/1650859/RIDE-MY-MOTORCYCLE
 
Sister Paul
Website: http://sisterpaul.web.fc2.com
Facebook: https://www.facebook.com/sisterpaul
Twitter: https://twitter.com/CROCUSRECORDS

 


当時のフライヤー↓

 

 

 

トリオ編成での最後のアルバム。

 

 

 

 

THE KNACK「My Sharona」(どハマり!!)のカバーを含む全9曲。

 

 

 

 

当時のSister Paulとの思い出はこちらで読めます。

 

 

 

 

現在、英国のパンクバンド“The Shapes”のジャパンツアーに同行中。

 

 

 

 

 

最近は海外での活動も増えてきている彼ら。

 

 

 

 

そうなるとCDではなかなか海外まで音源が届かないかも??

 

 

 

 

ということで3月22日(水)よりiTunes Store, Apple Music等での配信決定!!

 

 

 

 

これを機に是非聴いて下さい!!

 

 

 


今日は何の日?

10年前の本日(3/7)発売されたこちら↓

 


THE BAWDIES
single
『I BEG YOU』
CD : SEZ-3004 / ¥1,143+税
SEEZ RECORDS / GLOBAL TWIST INC.
ReleaseDate : 2007.3.7
01. I BEG YOU
02. BABY SUE
03. STAY AWAKE TILL THE DAWN
04. SEND ME BACK

【GLOBAL-TWIST online store】
http://global-twist.shop-pro.jp/?pid=5246159
【amazon】
http://amzn.to/2lXZ9jh
【TOWER RECORDS】
http://tower.jp/item/2192794/I-BEG-YOU
【iTunes】
http://apple.co/2mem8Ym
 
THE BAWDIES
Website: http://thebawdies.com/
Facebook: https://www.facebook.com/TheBawdies
Twitter: https://twitter.com/THE_BAWDIES

 

 

当時のフライヤー↓

 

 

 

ライナーノーツは1966年、初来日したザ・ビートルズのインタビューにただ一人だけ成功した元ミュージック・ライフ編集長の星加ルミ子氏。

 

 

 

 

同時発売された7inch(Vinyl)は残念ながら完売。

 

 

 

 

 

今やすっかり日本を代表するバンドになりましたな。

 

 

 

 

それにしても10年前か・・・ついこないだのような気がします。

 

 

 

 

 


「行ったことない街」発売記念ライブ〜大阪編〜

久しぶりの岩見十夢ムジカジャポニカは大盛況!!

 

 

 

 

共演のジョンソンtsuぱぱぼっくすも非常に素敵でした。

 

 

 

 

 

 


十夢もいつになくエモーショナルな良きライブを披露。

 

 

 

 

 

「生きているからだ」では、ぱぱぼっくすのお二人が参加。

 

 

 

 

ギターのたるたに氏は、まさかの完コピ!!

 

 

生きているからだ
岩見十夢
¥ 200

 

 

 

 

 

また、アンコールでの「コヨーテ」にはジョンソンtsuがマンドリンで参加。

 

 

 

 

めちゃくちゃいい味だしてましたな。

 

 

コヨーテ
岩見十夢
¥ 200

 

 

 

 

久しぶりの大阪のライブということでCDもT-shirtも大好評。

 

 

 

 

 

 

 

本当にいい雰囲気のレコ発になりました!!

 

 

 

 

ジョンソンtsuさん、ぱぱぼっくすさん、ムジカジャポニカの皆様、そして観に来てくれた皆様に大きく感謝。

 

 

 

 

最後は店長のせい子さんとT-SHIRT交換してパシャり!!

 

 

 

 

 

次回(3/12)は現在のホームタウン、札幌。

 

 

 

 

レコーディングメンバーによるバンド編成でのライブ。

 

 

 

 

お見逃しなく!!

 

 

 

 

3月12日(日)札幌・ムジカホールカフェ
「行ったことない街」発売記念ライブ〜札幌編〜
「岩ミックス!ダブルCD発売記念ライブ」
出演:岩見十夢バンド編成 / ミックスナッツハウス

※岩見十夢はレコーディングメンバーによるバンド編成での出演。
開場 17:30 / 開演 18:00
前売り ¥2,000 / 当日 ¥2,300(drink代別)
会場INFO:ムジカホールカフェ(011-261-1787)
岩見十夢HPでチケットを予約する
ムジカホールカフェでチケットを予約する

 

 

 

 

 


Sans Filtre

もう20年近く前の話。

 

 

 

 

まだ某インディーズレーベルの社員だった頃。

 

 

 

 

結成されたばかりのある“新人”バンドの担当を仰せつかる。

 

 

 

 

はじめてのメンバーとの顔合わせ。

 

 

 

 

場所は飯倉のキャンティ。

 

 

 

 

雑誌や本でしか見たことない、その当時から伝説のお店。

 

 

 

 

当時(というか今もですが)下北、高円寺界隈をうろうろしていた身としては、まさか自分がここで打合せをする日がくるとは思わなかった。

 

 

 

 

お店に入るとすでにメンバーは到着済み。

 

 

 

 

その顔ぶれに膝が震えた・・・。

 

 

 

 

堺正章氏、井上堯之氏、そしてムッシュかまやつ氏。

 

 

 

 

そのバンドの名はSans Filtre。

 

 

 

 

特にマネージャーさんの方などはおらず、三人のみ。

 

 

 

 

子供の頃からずっと見ていたスター達が目の前いる・・・・。

 

 

 

 

「俺も業界に入ったんだなぁ〜」となんとも感慨深い気持ちになる。

 

 

 

 

そんなお三方を前に小生もやる気スイッチが全開。

 

 

 

 

とにかくいろんな企画をご提案した。

 

 

 

 

今考えるとお三方のキャリア等も考えず、かなり失礼なことを言っていたと思う。

 

 

 

 

しかし、そんな時は堺さんが諭すように様々の事情を丁寧に小生に説明してくれた。

 

 

 

 

そして、その横ではムッシュさんは終始ニコニコされていた。

 

 

 

 

その後、無事CDはリリースされ、タワーレコード新宿でのインストアライブも実現。

 

 

 

 

また「スイートベイジル139」でのCD発売記念ライブではCDの売り子もやらせてもらった。

 

 

 

 

そして、そのライブを観に来てくれていたコハ・ラ・スマート氏(スマートソウルコネクション / バーレスクエンジン)を楽屋へ連れいき、ムッシュさんに紹介。

 

 

 

 

当時リリースしたばかりのバーレスクエンジンのCDをお渡しつつ、談笑するなんていう場面もあった。

 

 

 

 

また、井上堯之氏とは二人だけで青山の喫茶店で青年期〜スパイダース〜PYG〜太陽にほえろなどの本当に面白い話を2時間ぐらい聞かせて頂いたりもした。

 

 

 


その後、お三方とはお会いしていないが、小生にとってはすこぶる良き思い出であり、非常に貴重な体験をさせて頂いた。

 

 

 


そして、実はこのSans Filtreのマキシシングル

 

 


ご本人達も絶対知らないと思いますが、当時の会社の形式的(品番的)には実はENOUG-HO RECORDS・・・(ちなみにウィキペディアではレーベル表記・・・よく気づく人がいたなぁ〜)

 

 

 


いつかまたどこかでお会いできたらこのことをお話したかった・・・。

 

 

 


そして、まだそのレーベルを続けているということをお伝えしたかった。

 

 

 


なので今さらですが、ここで言わせてもらいます。

 

 

 


ムッシュさん、実はそうなんです。

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM