パプリカ〜シャキーン!バージョン公開

話題沸騰中のザ・ぶどうかんズと、ここちゃん、はるかによる「パプリカ〜シャキーン!バージョン」が公開。

 

 

こちらはショートバージョン。

 

 

 

 

 

 

ロングバージョンは、番組でのみオンエア

NHK Eテレ「シャキーン!」(毎週月曜から金曜の午前7時)

 

 

 

 

 

皆さん、是非早起きを。

 

 

 

 

 

 

ザ・ぶどうかんズ Tシャツ

 

 

 

 


パプリカ〜シャキーン!バージョン

本日(1/6)より、ザ・ぶどうかんズと、ここちゃん、はるかによる「パプリカ〜シャキーン!バージョン」がオンエア。

 

 

 

これがマジでメチャクチャいいのでお見逃しなく。

 

 

 

 

 

 

また、番組内で片桐仁さんも着用しているザ・ぶどうかんズ Tシャツも絶賛発売中。

 

 

 

ザ・ぶどうかんズ Tシャツ(大人サイズ)

 

 

 

ザ・ぶどうかんズ Tシャツ(キッズサイズ)

 

 

 

 

 

色は、キッズサイズ(120,140)はアプリコット、大人サイズ(S,M,L)はライトブルーをご用意。

 

サイズ カラー 着丈 身幅 肩幅
120 アプリコット 47 35 32
140 アプリコット 55 40 36
S ライトブルー 65 49 42
M ライトブルー 69 52 46
L ライトブルー 73 55 50

※.単位はcm
※.サイズはあくまでも目安としてお考えください(製品により多少の誤差があります)。

 

 

 

 

 

 

価格は、

キッズサイズ(120,140):3,000円(税込)
大人サイズ(S,M,L):3,500円(税込)

 

 

 

 

 

 

皆さん是非お買い求めください〜。

 

 

 

 


クリスマス・カレー

スマートソウルコネクションのCMでもお馴染み(?)、ブレーメンカフェのクリスマス会に参加。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歌あり

 

 

 

 

 

 

 

ケーキあり

 

 

 

 

 

 

 

ハンサムあり、と盛りだくさん。

 

 

 

 

 

 

 

ここは一つ、小生もということで、「若者はもれなくカレー好き」という信念の元、プレゼント替わりにカレーを振る舞う。

 

 

 

 

 

 

 

初の牛すじカレー。

 

 

 

 

 

 

概ね好評。

 

 

 

 

 

 

ただ自分の理想の味には遠い・・・。

 

 

 

 

 

 

ちなみに幼少の頃食べた、錦糸町の駅ビルの地下にあったカウンターだけの小さなカレー屋さんの味が理想の味。

 

 

 

 

 

 

小学校にあがって、すぐ父親がなくなり、毎月の墓参りの帰りに寄ったあのカレー屋。

 

 

 

 

 

 

母親やお兄ちゃんからは「たまには別のところにしよ」と言われても、一途にリクエストし続けたあの店。

 

 

 

 

 

 

小生にとっては、月一のご馳走。

 

 

 

 

 

 

震えるほど美味かった・・・。

 

 

 

 

 

 

小生がカレーライス好きになった原点。

 

 

 

 

 

 

あの店、なんていう名前だったけか。

 

 

 

 

 

 

今でもどこかでやっているのか。

 

 

 

 

 

 

こうなったら伊集院光とらじおとの「俺の5つ星」のコーナーで探してもらおうか・・・。

 

 

 

 

 

 

もう一度食べたい。

 

 

 

 


RED SHOES 17th Anniversary Party

「RED SHOES 17th Anniversary Party」の最終日にスマートソウルコネクション(以下、スマコネ)出演。

 

 

 


レッドシューズの週末を彩るバンドが一同に集結。

 

 

 

 

 


スマコネは、ここ最近、随分とご無沙汰でしたが、今年9月、約2年振りにレッドシューズ(69★TRIBE)に出演。

 

 

 

 

 

 

それまでは、2010年から2017年まで月1でレギュラー出演(第3土ヨー日)。

 

 

 

 

 


スマコネにとっては、ある意味ホームであった“大人の社交場”南青山レッドシューズ

 

 

 

 

 


今回は、ハーモニカ、ギター、ドラムによる三人編成(コハ・ラ氏曰く、バミューダトライアングル編成)。

 

 

 

 

 


三人編成といってもいつもと変わらぬガムシャラ演奏に徐々に沸き立つ会場。

 

 

 

 

 


南青山レッドシューズの17周年にやんわりと花を添える。

 

 

 

 

 

 

スマコネに続いて登場したのはAC/DCのTribute Band、AD/CD。

 

 

 

 

 

 

基本的にトリビュートバンド(カバーバンド)を好んで見ることはない。

 

 

 

 

 

 

しかも、それが大好きなAC/DCとなると、否が応でも厳しい視線を送ってしまう。

 

 

 

 

 


大昔、深夜のテレビ番組で放送されたAC/DCのライブ映像を見た時の衝撃ったらない。

 

 

 

 

高校生の僕は度肝を抜かされた。

 

 

 

 

 

 

「オレが見たかったバンドは、コレ!!」

 

 

 

 

 

 

爆音で、激しくて、興奮があって、熱狂があって、曲が良くて、ブルースロックのテイストがあって、最高のリフがあって、ユーモアがあって、カッコ良過ぎて笑える・・・

 

 

 

 

 


うまく言葉で説明できないが、敢えて言うなら僕にとって理想のロックバンド。

 

 

 

 

 


ちなみにヴォーカルのボン・スコットは、最初AC/DCのツアー·バンの運転手として雇われながら、気がついたらシンガーになっていたとか。

 

 

 

 

 

 

加入当初は、英語もまともに喋れなかったボンにアンガスが敬語を教え込み、「オメ×コさせて下さい。 お願いします」と言えるように教育したというエピソードにもグッとくる。

 

 

 

 

 

 

アンドレ・ザ・ジャイアントは元々木こりで、人里離れたフランスの山奥で発見されたなんていう逸話に近い。

 

 

 

 

嘘か本当か真偽のほどは定かではないし、むしろ真偽なんてどうでもよくて、この話が流布され、信憑性を持たせられるその人物像、人間性になんか痺れるんですよね〜。

 

 

 

 

 

 

この感覚、昭和世代、しかもテレビっ子限定か・・・。

 

 

 

 

 

 

それはさておき、その後、時は過ぎ、2001年にはじめてAC/DCのライブを観た時は震えましたな。

 

 

 

 

 

 

大昔、テレビで観た時の衝撃、そして感動がそのままだったから。

 

 

 

 

 

 

あんなに感動したライブって、一生でそうは観られないと思う。

 

 

 

 

 


そんな思い入れたっぷりのAC/DC。

 

 

 

 

 


果たしてAD/CDはいかに!?

 

 

 

 

 


アンガス・ヤングというよりも、やついいちろうさん似のAngus Ogawa氏

 

 

 

 

 

 

 

 

演奏のキレ的な部分は置いといて、サウンド、パフォーマンス、そして見た目(特にアンガス)は結構似ている。

 

 

 

 

 


しかも、その似ている感じに嫌味がないというか、非常に愛を感じ、好感がもてる。

 

 

 

 

 


そして、なにより重要なのが、アンガス・ヤングばりのガムシャラさ。

 

 

 

 

 


AC/DCの何が好きで、どこを伝えたいかを心得ていて、なかなかシンパシーを感じる。

 

 

 

 

 


なんか非常にいいものに出会えた感じ。

 

 

 

 

 


この組み合わせ、流石レッドシューズ。

 

 

 

 

 


これからも引き続きよろしくお願いします。

 

 

 


SSCドキュメント:スマートソウルコネクション 大阪ライブ

前日の雨から一転、晴天の東京を早朝出発。

 

 

 

 

 

 

途中、渋滞につかまるも予定通り会場入り。

 

 

 

 

 


昨年のCMフェス以来、約1年振りのムジカジャポニカ。

 

 

 

 

 

 

 

 


今回、ゲストに「足りないオトコの一人 イモバンド」ことアサオカ01君が参加。

 

 

 

 

松田優作と渥美清を足して2で割ったような風貌のアサオカくん。

 

 

 

 

 

 

こちらは約20年振りの再会。

 

 

 

 

 

 

お互い今も音楽を続けているのは嬉しい限り。

 

 

 

 

 


はじめてアサオカ君のソロを観ましたが、これが秀逸。

 

 

 

 

 


ブリッジでスパイダーマン(日本版)のテーマ曲とともに「ゼロ・ワン〜!!」と威勢良くシャウト。

 

 

 

 

 


パフォーマンスはユニークだが、曲は結構人間味溢れ、ぐっとくる。

 

 

 

 

 


ちなみに今回はソロだったが、いつもはアサオカ01&A.ランチとして活動中。

 

アサオカ01&A.ランチ『HOT MENU!』

 

 

 

 

 

 

 

 


アサオカ君が会場を温めた後、満を持して登場したスマートソウルコネクション

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なかなか大阪に行けていませんが、来阪時にはしっかり集まってくれるお客さんに大きく感謝。

 

 

 

 

 

 

そして、アサオカ01、女帝せい子さんにも多謝。

 

 

 

 

 

 

来年は1年に1度と言わず、2度3度と行きたいものです。

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM