“Truthful”TOUR in 名古屋

TOUR最終日。
静岡から名古屋までいく車中、今後の伊藤サチコついて熱く討論。
そして気合いで乗り込んだ名古屋でしたが、気合い入り過ぎて、
得三のドアに指を挟む伊藤サチコ。かなり焦る・・・・。
大至急、薬局に行ってマキロンと絆創膏購入。そして、得三から
氷をもらい、しばらく冷やす。旅にはハプニングがつきものですが、
この類いのものは遠慮したいですな。今日のライブは果たして・・・。

本日の一番手は、てらしま
基本フォークなのですが、そのギターの凄さたるや・・・。
Bert Janschを思わせるトラッド的なテイストで、
控え室ではLED ZEPPELINの「Black Mountain Side」も軽く弾きこなしておりました。
レコード等ではよく聴きますが、この手のギター弾きを生で観るのは初めてで感動。

二番手は二人組シンガーデュオのmimmai
そのハーモニーの美しさたるや完璧!!カバーの選曲も最高で、カントリー・ロードには涙。
ライブパフォーマンスも凄く雰囲気があり、観るものを釘付けにする力がありますな。

そして本日のトリ、伊藤サチコ。
挟んだ指の影響を相当心配しましたが、ほとんどその影響を感じさせない気合いのパフォーマンス。
一番手のてらしま氏にも言われましたが、なんか伊藤サチコが唄いだすと会場の空気がかわります。
張りつめた緊張感とかではないですが、なにか凄いものがはじまる予感がします!!
TOURをずっと同行しきましたが、どこの会場でもやはり同じような現象が起きておりました。
この小さい体のどこにそんなパワーがあるのか・・・まさに小さな巨人です。
最後にはアンコールも起こり、「眠りの歌」を優しく歌い上げ、伊藤サチコ初のTOURすべて終了。

伊藤サチコにとっては初のTOURで、東京ではなかなか対バンすることもないようなバンド、
アーティストといっしょにやれて、今までにない刺激を受けたと思います。
小生としても彼女の歌をさらに多くの人に届けれるよう頑張りやす!!
そして、今回本当にいろんな人にお世話になり、感謝しきれません。ありがとうございました!!


calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM