ロックンロール原体験

親や大人は眉をひそめ、子供達は熱狂する。

 

 

 

 

 

 

この図式、まるでロックンロールじゃん。

 

 

 

 

 

 

僕のロックンロール原体験は、志村、そしてドリフだったのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

当時、志村けんもいい年の歳の大人だったと思うが、僕的には大人というより、とにかく面白い僕らの仲間みたいな感覚だった。

 

 

 

 

 

 

だからなのか、芸能人が亡くなったというより、一緒になってバカなことして笑っていた仲間が死んだ喪失感に近い。

 

 

 

 

 

 

その昔、甲本ヒロトが言っていた。

 

 

 

 

 

 

「僕らはドリフターズだよ。小学校卒業したら見なくなるかもしれないけれど,また新しい小学生が来るんだよ。ロック好きな人は必ずそこにいる。僕たちは今目の前にいるお客さんたちを連れてどっかに連れてこうとは思わないんだ.僕らはそこでずっとロックやってて入れ替わり,立ち替わり見に来ればいいんだと思う」

 

 

 

 

 

 

をふと思い出す。

 

 

 

 

 

 

どんなに辛い時も悲しい時も、土曜の8時になれば、テレビの前で笑い転げていた。

 

 

 

 

 

 

あの時の感覚が、今もしっかり刷り込まれている。

 

 

 

 

 

 

本当に本当にありがとう、志村。

 

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM