運び屋

こちらを鑑賞↓

 

 

 


イーストウッドの映画は、なんとも言えない余韻が残る。

 

 

 

 

 

 

これは良かったのか、悪かったのか、今後どうなっていくのかなど、いろんな判断を観客に委ねてくる。

 

 

 

 

 

 

今回、テーマ自体は非常にストレート。

 

 

 

 

 


それにしてもイーストウッドは、偏屈でありながら煩悩丸出しなじいさんがよく似合う。

 

 

 

 

 

 

ちなみに私生活でも妻2人、愛人6人、子供7人、孫2人なんていうかなりの猛者。

 

 

 

 

 

 

88歳になった今も恋愛進行形だそうです。

 

 

 

 

 

 

なんかとんでもない絶倫薬でも飲んでいるのか?

 

 

 

 

 

 

もしそんな秘薬があるなら、是非教えてほしい・・・・。

 

 

 

 

 

 

それはさておき、あと何本、イーストウッド監督作品を観れるか分かりませんが、出来るだけ長生きして頂いて、なんなら絶倫薬も飲んで頂いて構いませんので、是非傑作を撮り続けてほしいものです。

 

 

 

 

 

 

ちなみに「運び屋」予告ですが、2014年公開の「アメリカン・スナイパー」の時とやり口が一緒・・・。

 

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM