神輿

「今年こそ一緒に神輿担ぎましょうよ」

 

 

 

 

 


今から数ヶ月前、とある居酒屋で20年来の友、ダーク郎さんから不意なお誘いを受ける。

 

 

 

 

 

 

だいぶ前にも何度か誘われたことはあったが、その都度なんとなく誤魔化してきたような感じ・・・。

 

 

 

 

 


「とにかく今年は必ず来てください!!」

 

 

 

 

 

 

今回はどうも逃げられない雰囲気・・・。

 

 

 

 

 

 

ちなみにこの祭りの前日は小生の誕生日。

 

 

 

 

 

 

新しい門出に今までやってこなかったことにトライするのもありか。

 

 

 

 

 

 

小生の生まれは下町。

 

 

 

 

 

 

どちらかというと神輿が盛んな町。

 

 

 

 

 

 

同級生たちが、勇ましく「わっしょいわっしょい」やっている中、小生はその勇姿を柱の影からそっと覗く「星明子」スタイル(星飛雄馬の姉)をずっと貫いてきた・・・。

 

 

 

 

 


時にはそんな同級生たちを羨ましく感じることもあったが、いつしか自分の中で神輿は担ぐものではなく、完全に見るものになっていた。

 

 

 

 

 

 

そんな中でのダーク郎さんからの熱烈なラブコール。

 

 

 

 

 


今まで無理強いすることなどなかった男が、これほどまで言うなら、さすがに背中は見せられない。

 

 

 

 

 


ここは一丁やるしかない。

 

 

 

 

 


そうと決まれば、まずはカタチからということで、早速お祭り用品一式を購入。

 

 

 

 

 


なんか格好だけは一丁前・・・。

 

 

 

 

 

 

 


当日。

 

 

 

 

 

 

最寄り駅から集合場所に向けて歩いていると、ナーバスになっているせいか、急に腹の具合がおかしくなる・・・。

 

 

 

 

 

 

慌ててトイレを探すもなかなか見つからず、駅ビルに戻り、お漏らし寸前でなんとかトイレにイン。

 

 

 

 

 


ホッとしながらトイレを出、時計を見ると集合時間まであと10分。

 

 

 

 

 


確かここから集合場所まで徒歩で20分弱・・・。

 

 

 

 

 


絶対間に合わない!

 

 

 

 

 


慌ててタクシーを探すも日曜日ということもあってか、なかなか見つからず。

 

 

 

 

 

 

もし遅刻なんてしようものなら、町の青年部や、長老たちの怒りを買い、山車に全裸で括りつけられ、市中引廻し・・・なはず(妄想)。

 

 

 

 

 


そう思うとまた腹が痛くなりそうだったが、運良く目の前でタクシーから降りる客発見。

 

 

 

 

 


急いでそれに飛び乗り集合場所へ。

 

 

 

 

 


なんとか集合時間には間に合ったが、現場にいたのはサクちゃんと今回はじめましてのシモンさんのみ。

 

 

 

 

 

 

僕らのリーダー、ダーク郎さん、まさかの遅刻・・・。

 

 

 

 

 

 

さすがに全裸山車は勘弁してもらいたいので、リーダー不在のまま三人で集会所へ。

 

 

 

 

 


そこにいた青年部の方々は小生よりも全然年下なんでしょうが、全員もれなく先輩に見える・・・。

 

 

 

 

 

 

そして、座敷で談笑している長老たちはもはや神。

 

 

 

 

 

 

今回で3回連続参加のサクちゃんやシモンさんは顔馴染みの人もいて、手慣れたもの。

 

 

 

 

 

 

それに引き換え、小生は会う人会う人に直立不動で「今日はよろしくお願いします!!」と緊張気味にご挨拶。

 

 

 

 

 

 

先輩たち(青年部の方々)が、やたら眩しく見える・・・。

 

 

 

 

 

 

小生も社会に出てだいぶ経ちますが、まさか46歳になった翌日に中1気分を味わうとは思わなかった・・・。

 

 

 

 

 

 

そんな中、我らがリーダー、ダーク郎さん到着。

 

 

 

 

 


当然、全裸で山車に括りつけられることもなく、そそくさと神輿衣装にお着替え。

 

 

 

 

 

 

準備が出来ると神輿の引き継ぎ地点へ移動。

 

 

 

 

 

 

神輿を待つ間、いろいろレクチャー頂くが、如何せんはじめてなのでイメージが湧かない・・・。

 

 

 

 

 


そうなると口から出るのはただただネガティブな発言・・・。

 

 

 

 

 

 

そうこうしていると、遠くから「ドーン、ドーン」という太鼓の音。

 

 

 

 

 


「今から来るのは大神輿で、あれを乗り越えれば後は楽です」

 

 

 

 

 


一気に緊張感が高まり、ネガティブな発言すら出ず、ほぼ無言。

 

 

 

 

 


親類の葬式でもそんな顔しないであろう沈痛な表情になっているのが、自分でも分かる・・・。

 

 

 

 

 


そして、いよいよ神輿到着。

 

 

 

 

 


想像以上にデカい・・・・。

 

 

 

 

 

 

しかも、一旦神輿を置いて担ぎ直すのではなく、リレー形式で担ぎ手が変わっていくスタイル。

 

 

 

 

 


言われるがままポジションにつき、一気に入れ替わる。

 

 

 

 

 

 

これが重い・・・重いったら重い。

 

 

 

 

 

 

大の大人がこれだけの人数いれば、意外と大丈夫ではなんていう甘い考えは脆くも崩れる。

 

 

 

 

 

 

しかも皆さんとグルーヴが合わないと、肩に棒がゴンゴン当たり激しく痛い。

 

 

 

 

 


「本当に痛くて耐えられなかったら、抜けても全然大丈夫ですよ」

 

 

 

 

 


担ぐ前にそんなことも言われたが、とても抜けれる勇気はなく・・・。

 

 

 

 

 


そして、みなさん、威勢良く掛け声を出している中、この後に及んでまだシャイな小生・・・。

 

 

 

 

 

 

痛みにひたすら堪えながら、モスキート音ばりの掛け声で練り歩くこと数分。

 

 

 

 

 

 

まさかの休憩タイム。

 

 

 

 

 

 

「え、こんな短時間なの??」

 

 

 

 

 

 


と思っていたら、

 

 

 

 

 


「休憩後、次はあの信号ぐらいまで行くと思いますよ」

 

 

 

 

 

 

と言われたその信号がやたら遠い・・・。

 

 

 

 

 


陽炎で信号が揺らめいている気すらする。

 

 

 

 

 

 

そして、お昼の時間もあっという間に終わり、再スタート。

 

 

 

 

 

 

今回は先程と打って変わって道幅も狭く、しかも途中集会所もあり、そこで勇ましく「ワッショイ、ワッショイ」がはじまるので、そのグルーヴに今ひとつノレない小生は、棒が肩に食い込み、その勢いで5cmぐらい背が縮んだ気分。

 

 

 

 

 


また、神輿の高さに合わせるため、膝をマイケルのように折り曲げての練り歩きは、間も無く皇潤世代を迎える小生にはかなり堪える。

 

※つま先立ちはしません。

 

 

 

 

 


この日は非常に天気も良く、気温もすこぶる高い。

 

 

 

 

 


 

そんな灼熱の太陽のもと、神輿を担く小生の姿は、さながら古代エジプトの奴隷・・・。

 

 

 

 

 

 


そして、なんとか次の中継地点へ到着。

 

 

 

 

 


途中交代せずにやりきったことが、少しだけ自信に繋がる。

 

 

 

 

 

 

しかし、いくら気持ちは高ぶっても、体が追いつかず、休憩中しばしマグロ状態。

 

 

 

 

 

 

 

この後は町内神輿を担ぐとのこと。

 

 

 

 

 

 

大神輿に比べるとやや小ぶりということ、また先ほど大神輿を担ぎ切ったという達成感が自信になり、勇み足でポジションにつく。

 

 

 

 

 

 

しかし、スタート早々重要なことに気づく。

 

 

 

 

 

 

小ぶりになった分、担ぐ人数も減り、重量感あまり変わらず・・・。

 

 

 

 

 

 

ただ今回は短いタームで休憩ポイントがあり、そこの家の方がビールや梨やかき氷を振舞ってくれると事前にレクチャーされていたので、気持ち的に少しばかり余裕が出来、その分、掛け声も心なしか野太くなる・・・。

 

 

 

 

 


それにしても「振る舞い」って粋な文化ですな。

 

 

 

 

 

 

しかも、そういうことができる人たちって、もれなく皆さん親切。

 

 

 

 

 


小生もお祭りで「振る舞い」が出来るぐらいの男になりたい。

 

 

 

 

 

 

そして、いよいよ後半戦。

 

 

 

 

 


これがラストの休憩ポイントだと青年部の部長さんよりアナウスがあると、ダーク郎さんより「とにかく最後のこの区間だけは担ぎ切ってください。最後にいいことあるんで」とのこと。

 

 

 

 

 


何があるのか全然教えてくれなかったが、言われるがままにラストウォーク。

 

 

 

 

 

 

疲労感は凄かったが、ここを担ぎ切れば終わると思うと自然と力が湧く。

 

 

 

 

 

 

そして、いよいよゴールである集会場の前に到着。

 

 

 

 

 

 

しかし、ここからが地獄のはじまり・・・。

 

 

 

 

 

 

青年部部長の御眼鏡に叶う体裁でないとゴール出来ず、手前からやり直し。

 

 

 

 

 

 

その体裁の正解が全く分からないまま何度も何度もやり直し。

 

 

 

 

 

 

「なんならこっちは朝までやっていいんだぞ〜!!」

 

 

 

 

 


と威勢よくハッパをかける部長・・・。

 

 

 

 

 


最初のうちは笑っていたが、あまりのやり直しの多さに「ホントに朝までやるんじゃないか・・・」と不安に。

 

 

 

 

 


そこから一体何回やり直しただろうか?

 

 

 

 

 

 

朦朧としながら繰り返していると急に合格のお達し(未だ合格の決め手が分からず・・・)。

 

 

 

 

 


それとともに押し寄せる昨今味わったことのない疲労感と達成感。

 

 

 

 

 

 

途中、本気で挫けそうになりながらも、“お豆”と“漢”の境界線ギリギリのところでなんとか踏ん張った充実感。

 

 

 

 

 

 

最後の最後、みんな(仲間)で労を労う連帯感。

 

 

 

 

 

 

これが神輿の醍醐味なんでしょうな。

 

 

 

 

 

 

最後はみんなで打ち上げ。

 

 

 

 

 

 

 

そこでワイワイ言いながら飲んだビールや、おそらく婦人会の方々手作りのおにぎりやお料理は、どんなご馳走より美味い。

 

 

 

 

 

 

帰宅後、とにかくデカい風呂に浸かりたくて近所の銭湯に直行。

 

 

 

 

 


深夜近く、1人湯船に浸かりながら今日1日を振り返る。

 

 

 

 

 


ゆっくりゆっくり目標に向かい、時に人の優しさに触れながら、ひたすらゴールを目指す。

 

 

 

 

 

 

途中何度も挫折と再起を繰り返し、最後は満身創痍でゴールし、仲間たちと労を労う。

 

 

 

 

 


神輿はまさに人生の縮図ですな。

 

 

 

 

 

 

46歳にして本当にいい経験をさせてもらいました。

 

 

 

 

 


今回ダーク郎さんが熱心に誘ってくれた意味がわかりました(多謝)。

 

 

 

 

 

 

途中優しい言葉で励ましてくれたサクちゃん、シモンさんにも大きく感謝。

 

 

 

 

 

 

そして、お祭りの実行委員の方々、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 


とりあえず来年までに四十肩、完治してきます・・・。

 

 

 

 

 

P.S.
この祭りに初参戦した時のダーク郎さんのブログ。最初はみんなこんな感じなんですな笑。

代表招集
https://ameblo.jp/bluemonday/entry-11924673261.html

底辺
https://ameblo.jp/bluemonday/entry-11926950076.html

清々
https://ameblo.jp/bluemonday/entry-11929109748.html

 

 

 

 

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM