粋な男たち

玉さんの本には毎回心を動かされる。

 

 

 

 


それは『男はつらいよ』を観た時のようでもあるし、『SMOKE』を観た時のようでもある。

 

 

 

 

 

 

頑固で、不器用で、やせ我慢ばかりだけど、実のところ底抜けに優しく、シャイで、常に下々の目線を忘れない。

 

 

 

 

 


つまり非常に“粋”なのである。

 

 

 

 

 


そんな“粋な男”玉さんが上梓した一冊がこちら↓

 

玉袋筋太郎 著『粋な男たち』

 

 

 

 

 


野暮が跋扈する現代。

 

 

 

 

 


師匠である殿(ビートたけし)の話はもちろん、先輩であるダンカンさん、そして芸能界に止まらず、酒場や競輪場や近所の名もなきおじさん達の言動を通して、男の真の格好良さ=粋とは何かを問う一冊。

 

 

 

 

 


僕的には初めて知る後半部の話にめちゃくちゃ衝撃を受けた。

 

 

 

 

 


ここまでカミング・アウトする必要もないという意見もあるかもしれないが、それ以上に僕的にはそれらをずっと胸の内にしまい続けながら、僕らの“玉ちゃん”であり続けたことに本当にグッときたし、改めて惚れ直す。

 

 

 

 

 

 

もし自分に子どもが出来たら、たいして勉強もスポーツもできなくてもいいから、こんな心意気をもった子になってほしいと心底思う。

 

 

 

 


ちなみに玉さん本で、僕が孫の代まで伝えたいもう一冊がこちら↓

 

玉袋筋太郎 著『男子のための人生のルール』

 

 

 

 

「ひとは、男に生まれるのではない。男に「なる」のだ」

 

 

 

 

 

 

この言葉が非常に似合う一冊。

 

 

 

 

 

 

また、帯にある「よく生きろ。よくなくても、生きろ」の一文は、「粋な男たち」を読了後、その意味はさらに重い。

 

 

 

 

 


とにもかくにもこの二冊は“漢の教科書”に認定。

 

 

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM