生涯のお気に入りアルバム10枚

リアル“ダミー・オスカー”ことデッカ兄さんより「ほんとうに衝撃を受け、かつ今でも聞き続けている(ごくたまにであっても)生涯のお気に入りアルバムを10枚。毎日ひとつずつジャケを投稿する。説明は不要」との司令。

 

 

 

 

 

たまにSNSで見かけるやつですな。

 

 

 

 

 

本日その任務が無事終了。

 

 

 

 

 

ただ無事と言っても、そもそも10枚に絞れる訳がない。

 

 

 

 

 

あれのが良かったのではないか、これのが良かったのではないかと日々悶絶&後悔。

 

 

 

 

 

とりあえず奇も衒わずに王道で選盤。

 

 

 

 

The Beatles『Abbey Road』

Amazon

https://amzn.to/2KMwsX5

Apple music
https://apple.co/2Kp7ddd
Spotify
https://spoti.fi/1OaXnlo

 

ビートルズは基本初期のものを愛聴。ただ、一昨日久しぶりに聴いて、B面のメドレーに心底うっとりしたのでこれ。

 

 

 

 

 

 

V.A.『If I Were a Carpenter』

Amazon

https://amzn.to/2zqDZ8H

Apple music
https://apple.co/2MG2Zub
Spotify
https://spoti.fi/2IJcB59

 

数あるトリビュート・アルバムの中でもダントツ。中でもTop of the World(少年ナイフ)は僕のベスト・オブ・カバー曲。

 

 

 

 

 

 

Nina Simone『Little Girl Blue』

Amazon

https://amzn.to/2zqEnEb

Apple music
https://apple.co/2lR5caF
Spotify
https://spoti.fi/2KABjJW

 

溢れるパッション(or ソウル)が、パッケージされたものを「名盤」とするならば、これはその最高峰。

 

 

 

 

 

 

真島昌利『夏のぬけがら』

Amazon
https://amzn.to/2zqFjbF

 

マーシーの夏、日本の夏。

 

 

 

 

 

 

 

Humble Pie『King Biscuit Flower Hour: In Concert』

Amazon
https://amzn.to/2Je9WjV

 

 

 

 

 

 

The Clash『白い暴動 (The Clash)』

Amazon
https://amzn.to/2zsKIit

Apple music
https://apple.co/2KA3OIi
Spotify
https://spoti.fi/1VOHZjy

 

「彼らは火も吐かない、血も吐かない。ただ、毒を吐く。」・・・・最高です。

 

 

 

 

 

 

Oasis『Roll with It』

Amazon
https://amzn.to/2N73T3e


表題曲以上に『Live Forever (Live At Glastonbury '95)』に何度救われたことか。ちなみにこれ、シングルです・・・。
https://youtu.be/YLNXoKhg4WY

 

 

 

 

 

 

THE HIGH-LOWS『バームクーヘン』

Amazon
https://amzn.to/2Jft6pF

 

暴食!!特製バームクーヘンは禁断の味!!

 

 

 

 

 

 

Chet Baker『Embraceable You』

Amazon
https://amzn.to/2ua76YN
Apple music
https://apple.co/2zlk3Up
Spotify
https://spoti.fi/2m0pgrh

 

一般的にはこのアルバム、「地味」との評価らしい・・・。めちゃくちゃ最高だけどなぁ〜。

 

 

 

 

 

 

Weezer『Weezer (The Blue Album) 』

Amazon
https://amzn.to/2JepSmq
Apple music
https://apple.co/2u5ES1a
Spotify
https://spoti.fi/2N1Hsw8

 

ラスト1枚を何にするか迷ったが、ずっとベタな感じできているのでこちらに。世代的にはLAメタルからオルタナを通りすぎ、自分自身LAメタルほどの能天気な明るさもなく、かといってニルヴァーナのような憂鬱を抱えている訳でもないボンクラヤングにとって、まさに「これだ!!」と思えた一枚(名盤)。

 

 

 

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM