15時17分、パリ行き

非常に楽しみにしていた一本をようやく鑑賞。

 

 

 

ただ、そういう日に限って仕事でトラブル発生。

 

 

 

 


上映ギリギリまでロビーで電話やメール。

 

 

 

 


駆け足で席に着き、汗だくで鑑賞開始。

 

 

 

 

 

賛否色々あるようだが、小生的には大満足。

 

 

 

 

 

映画的には男三人の出会い、生い立ち、そしてかなり緩いヨーロッパ旅行記が大半。

 

 

 

 

 

しかし、その緩く長いフリがあってこそのあのクライマックス。

 

 

 

 

 

イーストウッド映画は、派手な展開はないが、いつも心に余韻を残す。

 

 

 

 

 

ちなみに主役の3人は、実際事件に巻き込まれた人物。

 

 

 

 

 

つまり、本人が“本人役”で出演。

 

 

 

 

 

しかも列車に乗り合わせた客まで本当に現場にいた当事者達という徹底ぶり。

 

 

 

 

 

イーストウッド恐るべし。

 

 

 

 

 

必見!!

 

 

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM