和恵とソワレとバーレスク

久しぶりにバーレスクエンジン鑑賞。

 

 


正直、演奏力は昔とあまり変わらず笑。

 

 

 


ただドヤ感だけは倍増。

 

 

 


アンサンブルが乱れようが、演奏をとちろうが、

 

 

 


一切動じず、見得だけはしっかり切り通す。

 

 

 


その心意気というかイキリ方が異常に様になっている。

 

 

 


これってバンドにとって結構重要。

 

 

 


ちなみに本来一人一人は相当な手練です。

 

 

 


しかし、五人揃うとなぜかスポポな感じになる不思議。

 

 

 


逆にそこが魅力なのだからバンドって、音楽って非常に奥が深い。

 

 

 


スマコネ(スマートソウルコネクション)が音楽的なところでルーツに近づいたと思っていたが、

 

 

 


バーレスクはもっと本質的なところがブルースでした笑。

 

 

 

 

 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM