ニッポン・ポップス・クロニクル

Pm7の山勝氏から借りた「ニッポン・ポップス・クロニクル 1969-1989」読了。






著者である牧村氏は制作スタッフとして、




フォーク〜ニューミュージック〜YMO〜トラットリアと、




日本のポピュラーミュージックの最前線にいた生き証人のような方。




そして、日本の音楽業界の一番良き時代を見てきた方。




そんな著者が時代毎に各現場での体験を綴った一冊。




小生的に興味深かったのは特別収録された相倉久人氏のロングインタビュー。




著者と相倉氏にとって今の音楽シーンはどのように映っているのか。




残念ながら肝心なところは途中で終了・・・。




今更戦犯を探してもどうしようもないんですけどね・・・。




その昔、レコードやCDを出すのは選ばれし人・バンドでしたが、




今では誰でも作れる時代。




ただCD不況が叫ばれている現在、




CDを出しても売れない・・・。




なのでネットで作品を発表しつづける人・バンドが急増。




つまり現在、レコードやCDを出せる人・バンドはやっぱり選ばれし者のみ。




それはある意味、昔に戻ったと言えなくもない。




あまりいい意味ではないかもしれませんが・・・・。




ただ時代を嘆いてみても仕方がない・・・。




あらゆるものは進化する。




それがCDだけ当てはまらないなんてことはない。




移動手段だって徒歩→馬→馬車→自動車と進化。




今、「やっぱり移動は馬車がいい」なんて奴はほぼいない。




時代の流れは誰も止められない。




いずれCDやレコードも“ほぼ”淘汰されていくでしょう。




しかし、ここで重要なのはこの「ほぼ」。




“ほぼ”ということは“全て”ではない・・・。




ほんの少しはあるということ。




ただそうなると商売として所謂メジャーレコード会社がやる意味はなくなる。




そこで登場するのが僕らのようなインディー野武士(レーベル)。




そもそもレーベルというもの自体が必要なくなるのでは?




という意見もありますが、




いやいや、これからこそレーベルが必要なんではないか!?




最近、そんな風に思う。




この続きはいずれ・・・。


 

関連する記事

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM