“Truthful”TOUR in 関西 初日


“Truthful”TOUR in 関西の初日。
Knaveは伊藤サチコにとっては初。小生にとっては約1年半ぶり。
無事にリハを終え、本番までの間、小生がガイド役になり軽く観光。
大阪はほぼ仕事だけで、ほとんど観光をしたことないということで、
見るもの見るものにかなりの好リアクション。
小生自身、実はあまり詳しくはないですが、すっかり大阪人気分でだいぶ天狗に・・・。

歩き廻って、ちょっと疲れたのでEnjoy! CAFEで少々休憩後、いざ出陣。
本日のイベントタイトル(Organic Screen)がしめす通り、出演の5アーティストは、
それぞれの世界観をしっかりもっていて、尚かつみんないい人でまさにOrganicな本当に
楽しいイベントでした。
伊藤サチコも久しぶりの大阪ライブで、30分という短い時間ではありましたが、
凄くよいライブが出来たと思います。
そして、この日を本当に待ちわびて駆けつけてくれた多くのファンの方々には心から感謝で、
一スタッフとして、そしてイチ音楽リスナーとして本当に嬉しい限りです。ありがとうございました。近いうちにまた大阪に来たいと思いますので、よろしくです!!

ライブ終了後は伊藤サチコがヤマハ時代にお世話になっていた現アズールレコードの望月氏と、
ENDLICHERI☆ENDLICHERI時代の同僚、正井千尋氏とのお食事会。
弊社が関わる前の伊藤サチコの話や、ENDLICHERI☆ENDLICHERI時の苦労話など面白話が聞けて、
尚かつ正井氏に紹介していただいたその店の料理が旨いこと旨いこと。たいへん有意義な時間を
過ごさせていただきました。
それにしても若い女子三人の中に、中途半端なオッサン一人。
途中、女子話になると一気に所在無く・・・。いきなり意見求められても語れるほどの恋話もなく・・・・大阪の夜風が身に染みたA型おとめ座子年。今年はJUNONあたりで恋が語れるような男になりたいっす!!(嘘)
その後、望月氏に伊藤サチコを託し、小生は夜の大阪パトロールへ・・・。これではJUNONで恋を語るより、MANZOKUで体験談語る日のが近いかも・・・(震)

P.S
この日出ていた田中彬博氏は小生が行くライブではなかなかお目にかかることがない
ギターインストで、本人曰く「弾き語りならぬ、弾き語らず・・・」。
いったいどんな感じなのかと思っていたら、これが凄いっすわ。
こんないいギターの音は久しぶりに聴いたという感じ。
フィンガーピッキングで紡ぎだすやさしいメロディーは、語らずとも
語っているというか・・・これはただ者ではないと思ったらやはりそうでした。
この田中氏、昨年のフィンガーピッキングコンテスト全国大会のグランプリだそうで、
今年アメリカで行われる世界大会に日本代表として出場予定とのこと。注目ですな。


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM