岩見十夢 in Tokyo

昨年に続き、やついフェス出演のため札幌より凱旋した岩見十夢

 

 

 

 

 

 

 

この日は“ぶどうかんズ”のメンバーが勢揃い。

 

 

 

 

 

 

奇しくも岩見十夢ライブが初の“ぶどうかんズ”のライブとなる。

 

 

 

 

 

 

この日、ぶっつけ本番で臨んだやつい・片桐両氏。

 

 

 

 

 

しかし、そんなことを全く感じさせたないパフォーマンス。

 

 

 

 

 

お笑いで培った瞬発力・リズム感がなせる技か。

 

 

 

 

 

そして、いつも通り両氏からおいしくいじって頂いた十夢さん。

 

 

 

 

 

岩見十夢ファンも“ぶどうかんズ”ファンみんなが楽しめる非常にピースフルなライブでしたな。

 

 

 

 


やつい・片桐両氏、玉川さん(赤い夕陽/ex.コモンビル、HIPGELLO)、吉井さん(ヨシンバ/カランツバターサブレ)、小寺さん(ex.椿屋四重奏)、中村佳穂さん、ファンファン(くるり)、やついフェスのスタッフの皆様、そして、観に来てくれた皆さんに大きく感謝です。

 

 

 

 

それにしても、豪華なメンバーでしたな。

 

 

 

 

 

どうやらこの日、入場規制もかかったようなので、来年はもう少し大きめなところでお願いしやす!!

 

 

 

 

 

そして、この日はフィナーレも参加。

 

 

 

 

最初は一番後ろで目立たぬようにしていた十夢。

 

 

 

 

 

しかし、写真撮影になると向きが逆になり、必然的に一番前のおいしいポジションに・・・。

 

 

 

ある意味、“持っている”男です。

 

 

 

 

 

次の日は平成のジギー・スターダスト、デリシャス王子こと林漁太氏(ミックスナッツハウス)のイベント『Our 泡 アワー vol.3』に参加した十夢さん。

 

 

 

 

高円寺には死ぬほど来ているが、ペンギンハウスは初。

 

 

 

 

 

店構えもスタッフの方々も燻し銀の領域。

 

 

 

 

 

そして、十夢さんも以前高円寺に在住ながら、ペンギンハウスでは初ライブ。

 

 

 

 

 

前日、光るギターを点灯し忘れてましたが、この日は大きく点灯。

 

 

 

 

 

ただ、今度はこちらがその写真を撮り忘れる・・・。

 

 

 

 

アンコールは、林漁太、モリタサオリ両氏と「アンダー・ザ・サン」をセッション。

 

 

 

 

 

楽しい夜となりましたとさ。

 

 

 

 

 

十夢さん、二日間お疲れ様でした。

 

 

 

 

 


hooch presents -CANNED HEAT vol.5-

よく「第3土ヨー日」でいっしょになったhoochの企画イベント“CANNED HEAT vol.5”

 

 

 

 

 

 

SANDWICH」ではよく来るHEAVY SICK

 

 

 

 

 

ここでライブを観るのはホント久しぶり。

 

 

 

 

 

決して広いとは言えない会場ですが、そんなことはお構いなしにダンスフレーバーに富んだステージングをみせつけるスマコネ兄さん。

 

 

 

 

元々手練れな人たちですが、このところさらに演奏がタイトで、最高のパフォーマンスを披露。

 

 

 

 

 

是非観て聴いてもらいたい!!

 

 

 

 

 

誰にも負ける気がしない。

 

 

 

 

 

 

一昨年のフジロック(苗場食堂)出演時。

 

 

 

 

 

 

昨日から公開になったBAR TRICK★STER CM

(音楽:スマートソウルコネクション)

 

 

 


第十回 吉祥寺インターナショナル選手権〜ムード世界一決定戦〜

ムードだけでひた走る3組の猛者が激突した『第十回 吉祥寺インターナショナル選手権〜ムード世界一決定戦〜』@吉祥寺ROCK JOINT GB

 

 

 

 

ムード頂上決戦をこの目で見てやろうと集まった多くのお客様で会場は開演前からヒートアップ。

 

 

 

 


第一試合“失神・ハンサム歌謡”斉藤ネヲンサイン

 

 


噂に違わぬハンサムっぷりに一同うっとり。

 

 

 

 

 

 

第二試合は“メロディー秘宝館”サロメの唇

 

 


フランス遠征から戻ったばかりの彼ら。

 

 

 

 


パリっ子たちをもメロメロにさせた妖艶かつグルーヴィーなサウンドに会場は一気に色めき立つ。

 

 

 

 

 

 

 

そして、第三試合はディフェンディング・チャンピオン“ドラゴン超特急”スマートソウルコネクション

 

 

 

 

 

 


ハンサムとも妖艶とも程遠い彼らは、ただただ怪しいムードを撒き散らし、ガムシャラにハッスル!!

 

 

 

 

 

思わず“ムード酔い”しそうなぐらのい熱いパフォーマンスを魅せつけておりました!!

 

 

 

 

 

次回のスマートソウルコネクション LIVEはこちら↓

 

 

 

 

 

お楽しみに!!

 

 


SOLEIL

話題のSOLEIL鑑賞。

 

 

 


入りきれない程のお客さんが集まり、開演時間が約1時間押すほど。

 

 

 


非常に初々しいそれいゆと、営業慣れしたレモン姉さんの対比が笑える。

 

 

 

 


モッズ界のBABYMETALとなるか。

 

 

 

 

 

今後が楽しみ。

 

 

 


Pm7@パペラ

久しぶりにPm7を鑑賞。

 

 

 

30分の間にハジけるし、聴かせるしで絶好調なザキお姉さん。

 

 

 

 

 

今まで黙々とギターを弾いていた“日本一巨大なギタリスト”こと山勝お兄さんも、最近は雄叫びを覚えたようで、要所要所でメスゴリラもうっとりしそうな力強い雄叫びあげてます。

 

 

 

 

 

ちなみにこの日(3/20)の前日(3/19)は何の日か?

 

 

 

 

 

5年前の3/19はこちら↓が発売された日。

 

Pm7
1st mini album
『コーヒーソング』
CD : PLSQ-0002 / ¥1,000(税込)
ReleaseDate : 2013.3.19
1. コーヒーソング
2. 夕陽が丘のアンチノミ子
3. おぼろ月夜のブルース〜三丁目Ver.〜
4. Magical Mystery Mail
5. くりかえしのブルース
【GLOBAL-TWIST online store】
http://global-twist.shop-pro.jp/?pid=108552204
【amazon】
http://amzn.to/2mZNeUZ
 
Pm7
Website: http://www.pm7.jp

 

 

 

 

もう5年も前ですか・・・早い。

 

 

 

 

 

先日、山勝お兄さんから教えて頂いた「年齢はスピード理論」を力一杯実感。

 

 

 

 

 

ちなみに「年齢はスピード理論」とは、年齢はイコール時間が過ぎていくスピードなんだと。

 

 

 

 

 

例えば、1歳の子供は1日を1kmのスピードで過ごし、45歳であれば45kmのスピードで過ごしていると。

 

 

 

 

 

 

年をとるにつれ1日、1年があったという間に感じるのは、そのためなんだという理論。

 

 

 

 

 

気づいたら棺桶・・・なんてことのないようにしたいものです。

 

 

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM