万引き家族

話題の『万引き家族』鑑賞。

 

 

 

 

子役の二人、特に虐待児役の「ゆり」は名演というか、本当にいたたまれなくなる。

 

 

 

 

 

そして、安藤サクラは今後、エロい目でしか見れない・・・。

 

 

 

 

 

間違っているようで正しく、正しいようで間違っている。

 

 

 

 

 

それが家族であり、もっというと世の常、人の常なのかも。

 

 

 

 

 

以前、東京ポッド許可局居島一平派遣局員が言っていた、

 

 

 

 

 

「正論は間違ってないけど、正論の取り柄って間違ってないってことだけなんだよね」

 

 

 

 

 

を思い出す。

 

 

 

 

 

ならばせめて毎日をご機嫌に過ごしたいものです。

 

 

 

 


犬ヶ島

映画『犬ヶ島』鑑賞。

 

 

 

はじまってすぐ「これ苦手なやつかも・・・」と思ったりもしたが、気づくと釘付け。

 

 

 

 

 

DVD出たら買っちゃうかも・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 


15時17分、パリ行き

非常に楽しみにしていた一本をようやく鑑賞。

 

 

 

ただ、そういう日に限って仕事でトラブル発生。

 

 

 

 


上映ギリギリまでロビーで電話やメール。

 

 

 

 


駆け足で席に着き、汗だくで鑑賞開始。

 

 

 

 

 

賛否色々あるようだが、小生的には大満足。

 

 

 

 

 

映画的には男三人の出会い、生い立ち、そしてかなり緩いヨーロッパ旅行記が大半。

 

 

 

 

 

しかし、その緩く長いフリがあってこそのあのクライマックス。

 

 

 

 

 

イーストウッド映画は、派手な展開はないが、いつも心に余韻を残す。

 

 

 

 

 

ちなみに主役の3人は、実際事件に巻き込まれた人物。

 

 

 

 

 

つまり、本人が“本人役”で出演。

 

 

 

 

 

しかも列車に乗り合わせた客まで本当に現場にいた当事者達という徹底ぶり。

 

 

 

 

 

イーストウッド恐るべし。

 

 

 

 

 

必見!!

 

 

 

 


DETROIT

こちら↓を鑑賞

 

 

 

1967年に勃発したアメリカ史上最大級の暴動が勃発している中で起きた「アルジェ・モーテル事件」を描いた問題作。

 

 

 

 

 

こんなキチガイ警官達が最終的には無罪放免。

 

 

 

 

 

全く救われない・・・。

 

 

 

 

 

それにしても警官役のウィル・ポールターの快演(怪演)は凄い。

 

 

 

 

 

また、町山智浩氏の解説↓も非常に興味深いです。

 

 

 

 


新感染

一部で評判を呼んでいたこちら↓

 

新感染 ファイナル・エクスプレス

 

 

 

噂通りの面白さ。

 

 

 

 

 

一つ一つはわりと規定路線だが、その組み合わせが結構画期的。

 

 

 

 

 

ゾンビ映画の基本を押さえつつ、「ウォーキング・デッド」とはまた違った、より映画的な人間ドラマ。

 

 

 

 

 

恐るべし韓国映画。

 

 

 



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM