スパルタの海

もしこの世に地獄が存在するならば、ここもその一つなような・・・

 

 

 

ジャケがすでに地獄・・・怖い。

 

 

 

 

 

 

戸塚校長視点による戸塚ヨットスクール物語。

 

 

 

 

 

 

伊東四郎が戸塚宏以上に戸塚宏・・・。

 

 

 

 

 

 

ハマり役。

 

 

 

 

 

 

ここに出てくる子供たちは困った奴らが多いが、大人たちも相当酷い。

 

 

 

 

 


途中、不慮の事故で亡くなる「ゆうきち君」の死に対する大人達の見解が異様に怖い。

 

 

 

 

 

 

子供の言い分(言い訳)は完全無視だが、自分たち(大人たち)はしっかり正当性を主張。

 

 

 

 

 

 

日本版「ソドムの市」・・・。

 

 

 

 

 

 

外出自粛により鬱々とした毎日を送っていても、ここより今のが100倍マシ・・・。

 

 

 

 

 

 

そんなことを思わせてくれる一本。

 

 

 


男はつらいよ お帰り 寅さん

幼少の頃、親戚のおじさんに連れられて行った映画館。

 

 

 

 

 


周りのおじさん、おばさん達は映画を見ながら手を叩いて喜んでいたが、僕にはその面白さがさっぱり分からず・・・。

 

 

 

 

 

 

あれから数十年・・・。

 

 

 

 

 


僕もすっかり手を叩いて喜ぶ側にまわっている。

 

 

 

 

 

 

僕にとって大人にならないとその良さわからないものは、ミョウガと寅さん。

 

 

 

 

 

 

ということで、「次作なんてあるわけない」と思っていた『男はつらいよ』を鑑賞。

 

 

 


朝イチの回ということもあり、映画館はほぼホームシアター。

 

 

 

 

 

 

かなり集中して鑑賞。

 

 

 

 

 

 

内容に関しては、色々思うところもある・・・。

 

 

 

 

 

 

これを「男はつらいよ」の本編としてカウントしていいのか・・・。

 

 

 

 

 


スピンオフという立ち位置で良かったのではないか・・・。

 

 

 

 

 

 

それにしても、あのラストはちょっとずるい。

 

 

 

 

 


ほぼ「ニューシネマパラダイス」。

 

 

 

グッとこないわけがない。

 

 

 

 

 


とりあえず、最近買わなくなったパンフレットを購入。

 

 

 

パンフレットにしては、値段は少々高いが、これが結構よい『男はつらいよ』ガイドブック。

 

 

 

 

 

 

改めて一作目から見直してみようと思います。

 

 

 

 


ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

7月以降、色々あり、忙しい日々。

 

 

 

 

 

 

なんだか最近、ぼんくらなことしていない・・・。

 

 

 

 

 

 

平日の昼間からビール飲んだり、映画見たり、レコード屋行ったり・・・。

 

 

 

 

 

 

そんなある日、昼間にちょいと時間が出来る。

 

 

 

 

 

 

ぼんくらチャンス!!(しじみチャンスの言い方で)。

 

 

 

 

 

 

という訳で遅ればせながら、こちら↓を鑑賞

 

 

 

物語は淡々としているが、鑑賞後、じわじわくる感じが凄い。

 

 

 

 

 

 

その昔「スモーク」を観た後に似てるかも。

 

 

 

 

 

 

長尺だが、全く長さを感じさせない。

 

 

 

 

 

 

映画でしか表現できない映画。

 

 

 

 

 

 

やはりタランティーノは天才ですな。

 

 

 

 

 

 

映画という宇宙を漂いたい方にオススメ。

 

 

 

 


BlacKkKlansman

こちら↓鑑賞。

 

 

 

黒人刑事がKKKに潜入捜査するという実話。

 

 

 

 

 


とは言っても実際潜入するのは白人刑事。

 

 

 

 

 


黒人刑事は電話のみ。

 

 

 

 

 


ただこの白人刑事も実はユダヤ系。

 

 

 

 

 

 

KKKにとっては黒人同様憎悪の対象・・・。

 

 

 

 

 

 

一つ一つの描写は面白おかしいが、展開(内容)自体は、かなりスリリング。

 

 

 

 

 


こんなこと、大昔の話のようだが、実は1970年代後半の話・・・そんな昔でもない(震)。

 

 

 

 

 


そして、最近また差別の機運が高まっているような・・・。

 

 

 

 

 

 

ただ一方でアメリカって、こんな↓国でもある。

 

 

 


そして、日本も他人事ではない。

 

 

 

 

 


ヘイトをふりまいて街を行進している人たちもいる。

 

 

 

 

 


日本を含めどこの国だろうと人種だろうと、いい奴もいれば、悪い奴もいる。

 

 

 

 

 

 

人種や国や民族でそれを判断するのは、あまりに無理がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

余談だが、KKKものだと、こちら↓もかなり衝撃的。

 

 

 

小学生の頃、夏休みの昼間にTVでやっていて、ぼんやり観ていたら、その衝撃のラストに「こんな映画、昼間に放送しちゃいかんだろう〜」と子供ながらに思った一作。

 

 

 

 

 

 

なんだかんだ言って、結局人間が一番恐ろしい、というのが嫌という程わかる。

 

 

 

 

 

 

オススメです。

 

 

 


運び屋

こちらを鑑賞↓

 

 

 


イーストウッドの映画は、なんとも言えない余韻が残る。

 

 

 

 

 

 

これは良かったのか、悪かったのか、今後どうなっていくのかなど、いろんな判断を観客に委ねてくる。

 

 

 

 

 

 

今回、テーマ自体は非常にストレート。

 

 

 

 

 


それにしてもイーストウッドは、偏屈でありながら煩悩丸出しなじいさんがよく似合う。

 

 

 

 

 

 

ちなみに私生活でも妻2人、愛人6人、子供7人、孫2人なんていうかなりの猛者。

 

 

 

 

 

 

88歳になった今も恋愛進行形だそうです。

 

 

 

 

 

 

なんかとんでもない絶倫薬でも飲んでいるのか?

 

 

 

 

 

 

もしそんな秘薬があるなら、是非教えてほしい・・・・。

 

 

 

 

 

 

それはさておき、あと何本、イーストウッド監督作品を観れるか分かりませんが、出来るだけ長生きして頂いて、なんなら絶倫薬も飲んで頂いて構いませんので、是非傑作を撮り続けてほしいものです。

 

 

 

 

 

 

ちなみに「運び屋」予告ですが、2014年公開の「アメリカン・スナイパー」の時とやり口が一緒・・・。

 

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM