47

四十代もいよいよ後半戦。

 

 

 

 

 

だからといって、僕自身なにか大きく変わったかと言えば、特に変わらず。

 

 

 

 

 

 

強いてあげれば、老眼が進んだのと、追っかけ漏れの頻度が高くなったことくらい・・・。

 

 

 

 

 

 

ただ、年を追うごとにやらねばいけないことが非常に増えますな。

 

 

 

 

 

 

特に今年はなかなかしんどい夏でした・・・。

 

 

 

 

 

 

そんな時こそ、男の胆力が試される。

 

 

 

 

 

 

痩せ我慢でも、なるべくスマートに生きていきたいものです。

 

 

 

 

 

 

今年も若いメンズたちを中心としたお誕生日会を開催。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん、これからもどうぞ仲良くしてください笑。

 

 

 

 

 

 

よろしくお願いします。

 

 

 


米カレー

今住んでいるところに引っ越してから、急に料理熱が上昇。

 

 

 

 

 

 

とはいつつも、得意料理と言えるものは、まだない・・・。

 

 

 

 

 

 

強いて言うなら、カレーライスぐらいか・・・。

 

 

 

 

 

 

そのカレーライスもただ作った回数が多いというだけ。

 

 

 

 

 

 

実際のところ、オレのカレーは美味いのか不味いのか・・・・。

 

 

 

 

 

 

一人悩んだところでキリがない。

 

 

 

 

 

 

ということで、近所の若者たちを集め、試食してもらう。

 

 

 

 

 

 

 

 

美味しく出来たでしょうか・・・震。

 

 

 

その顔、美味しいということでよろしいでしょうか・・・震。

 

 

 

師匠、率直な意見をお聞かせください・・・震。

 

 

 

スプーンをしゃぶり尽くすほどの美味しさ・・・そんな認識でよろしいでしょうか?

 

 

 

 

 

 

とりあえず、概ね良好でした・・・。

 

 

 

 

 

 

ただ「あの時は言えなかったっすけど・・・」という若者がいたら、おじさん絶対怒らないから、忌憚ない意見をドンドン聞かせてほしい。

 

 

 

 

 

 

たかがカレー、されどカレー・・・。

 

 

 

 

 

 

やっぱり、カレーライスにゃかなわない

 

 

 

 

 

 


桃源郷

午前中から近所の桃源郷へ

 

 

 

 

 

 

とりあえず、ビールの神に感謝。

 

 

 

 

 

 

That Summer Feeling

 

 

 

 


三社祭を見る会

今年も開催「三社祭を見る会」。

 

 

 

 

 

 

昨年欠席だった重鎮2名も今年は無事参加。

 

 

 

 

 

 


まず1軒目はお決まりのこちら。

 

どぜう飯田屋

 

 

 

 

どじょうを食しながら、重鎮たちによる2年ぶりの徳さん人生相談。

 

 

 

 

 

 

ここ数年、会うたびにやつれていく感じの徳さんでしたが、今年は心なしか明るくなっていたような・・・なにより。

 

 

 

 

 

 

その後、小生の思い出の地を通り過ぎながら、各所の引き継ぎを見学。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年は見れなかった長老のお言葉も聞け満足。

 

 

 

 

 

 

夕方、ブレーメン・チーム、ダーク郎ファミリーも合流し、ニュー浅草へ。

 

 

 

 

 

 

三社祭という一番の書き入れ時に、毎年突然大人数で押し掛けるも、嫌な顔せず対応してくれるニュー浅草に大きく感謝。

 

 

 

 

 

 

今度は普通の日にも行きます・・・・。

 

 

 

 

 

途中、ダーク郎jrより寿司が振舞われる。

 

 

 

 

 

眼を細め見守る大人たち。

 

 

 

 

 

 

こんな光景が繰り広げられる日がくるとは・・・実に感慨深い。

 

 

 

 

 

 

その後、ニュー浅草が閉店時間になるも、まだ呑み足りないということで、コンビニで酒やつまみを購入し、川沿いへ移動。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

各自の思い出80's J-POPをスマホでかけあいながら、まったりと過ごす・・・。

 

 

 

 

 

 

この辺りになると小生の記憶もおぼろげ。

 

 

 

 

 

 

気づくと帰宅してたとさ・・・・。

 

 

 

 

 

 

今年はT中さん、F谷さんという重鎮が戻ってきてくれたお陰で安心して痛飲できました。

 

 

 

 

 

 

来年もよろしくお願いします。

 

 

 

 


Exhibitionism - ザ・ローリング・ストーンズ展

ゴールデンウィークで混む前にロックンロール社会科見学。

 

 

 

 

 

 

場内は写真撮影自由とのことだったが、ここはあえて心のファインダーにのみ焼き付けておく・・・。

 

 

 

 

 

 

撮影に夢中になりすぎると、折角の貴重な展示物鑑賞もお留守になるんで。

 

 

 

 

 

 

というか、結局SNSでのご自慢くらいで、のちのち見返すことなんてほとんどないっすからね〜。

 

 

 

 

 

 

それはさておき、「バンド史上初の大規模な企画展」という看板に偽りなしの、とにかく見応え十分な展覧会。

 

 

 

 

 

 

家に帰って早くストーンズが聴きたくなる。

 

 

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM