牛すじカレー

一年振りに牛すじカレーを作ってみる。

 

 

 

 

昨年は若者たちに振る舞ったりして調子にのっていたが、今年は大人しく自宅で。

 

 

 

 

 

 

まあまあ美味い。

 

 

 

 

 

 

でも理想の味には遠い・・・。

 

 

 

 

 

 

カレーの道はなかなか険しい。

 

 

 


ロックンロール原体験

親や大人は眉をひそめ、子供達は熱狂する。

 

 

 

 

 

 

この図式、まるでロックンロールじゃん。

 

 

 

 

 

 

僕のロックンロール原体験は、志村、そしてドリフだったのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

当時、志村けんもいい年の歳の大人だったと思うが、僕的には大人というより、とにかく面白い僕らの仲間みたいな感覚だった。

 

 

 

 

 

 

だからなのか、芸能人が亡くなったというより、一緒になってバカなことして笑っていた仲間が死んだ喪失感に近い。

 

 

 

 

 

 

その昔、甲本ヒロトが言っていた。

 

 

 

 

 

 

「僕らはドリフターズだよ。小学校卒業したら見なくなるかもしれないけれど,また新しい小学生が来るんだよ。ロック好きな人は必ずそこにいる。僕たちは今目の前にいるお客さんたちを連れてどっかに連れてこうとは思わないんだ.僕らはそこでずっとロックやってて入れ替わり,立ち替わり見に来ればいいんだと思う」

 

 

 

 

 

 

をふと思い出す。

 

 

 

 

 

 

どんなに辛い時も悲しい時も、土曜の8時になれば、テレビの前で笑い転げていた。

 

 

 

 

 

 

あの時の感覚が、今もしっかり刷り込まれている。

 

 

 

 

 

 

本当に本当にありがとう、志村。

 

 

 


さまぁ〜ずライブ12

久しぶりの「さまぁ〜ずライブ」。

 

 

 

30年前にはじめて観た時からずっと面白い。

 

 

 

 

 

 

ダウンタウンは「天才」って感じだが、さまぁ〜ずは「世界一面白いお兄さん」というのが、小生の見立て。

 

 

 

 

 

永遠に見ていたい。

 

 

 

 


米声人語

子供の頃から重度の花粉症の自分にとって、この季節は非常に憂鬱。

 

 

 

 

 

 

しかし、鼻水の量に反比例するかのように街からティッシュが消える。

 

 

 

 

 

 

ちょっと前までオイルショック時のトイレットペーパー騒動を「あり得ない」とみんな笑っていたのに、今またその「あり得ない」が起きている。

 

 

 

 

人は突如としてある方向に傾く、無根拠に無自覚に。

 

 

 

 

 

 

そして、最後は「時代がそうだったから」「世の中がそうだったから」しょうがなかったを繰り返す。

 

 

 

 

 

 

コロナでこれなんだから、さらなる不測の事態が起きた時、もしくは非常にずる賢い奴が不測の事態を煽った時、最悪また昔のような全体主義に傾くのではないか・・・なんだか空恐ろしい。

 

 

 

 

 

 

あり得ないは、あり得ない。

 

 

 

 

 

 

鼻を垂らしながらそんなことを考える。

 

 

 

 

 

 

とりあえず、早いとこ気兼ねなく鼻をかみたい。

 

 

 

 

 

 

 

 


クリスマス・カレー

スマートソウルコネクションのCMでもお馴染み(?)、ブレーメンカフェのクリスマス会に参加。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歌あり

 

 

 

 

 

 

 

ケーキあり

 

 

 

 

 

 

 

ハンサムあり、と盛りだくさん。

 

 

 

 

 

 

 

ここは一つ、小生もということで、「若者はもれなくカレー好き」という信念の元、プレゼント替わりにカレーを振る舞う。

 

 

 

 

 

 

 

初の牛すじカレー。

 

 

 

 

 

 

概ね好評。

 

 

 

 

 

 

ただ自分の理想の味には遠い・・・。

 

 

 

 

 

 

ちなみに幼少の頃食べた、錦糸町の駅ビルの地下にあったカウンターだけの小さなカレー屋さんの味が理想の味。

 

 

 

 

 

 

小学校にあがって、すぐ父親がなくなり、毎月の墓参りの帰りに寄ったあのカレー屋。

 

 

 

 

 

 

母親やお兄ちゃんからは「たまには別のところにしよ」と言われても、一途にリクエストし続けたあの店。

 

 

 

 

 

 

小生にとっては、月一のご馳走。

 

 

 

 

 

 

震えるほど美味かった・・・。

 

 

 

 

 

 

小生がカレーライス好きになった原点。

 

 

 

 

 

 

あの店、なんていう名前だったけか。

 

 

 

 

 

 

今でもどこかでやっているのか。

 

 

 

 

 

 

こうなったら伊集院光とらじおとの「俺の5つ星」のコーナーで探してもらおうか・・・。

 

 

 

 

 

 

もう一度食べたい。

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM